« 香山リカのココロの万華鏡:薬のない人生、いつ? /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:論文も「シェアする」時代? /東京 »

2014年6月 9日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:「好意の返報性」に注意 /東京

May 25, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Be careful of the desire to 'give back'
香山リカのココロの万華鏡:「好意の返報性」に注意 /東京

One aspect of people's psychology is that of giving back. To explain it simply, it is the feeling that one should return the favor when someone is nice to them. It is an important aspect of our psychology that adds to our lives.
 人間の心理のひとつに「好意の返報性」がある。わかりやすく言うと「親切にしてもらったら、お返しをしなければ」という気持ちだ。旅行に出たときに「お世話になった人におみやげを買っていこう」という気になるなど、「好意の返報性」は生活にうるおいを与える大切なものだ。

However, there are times when these feelings are abused. Take an example where a person who has long been kind to their neighbor one day invites them to go to a seminar. The neighbor thinks, "I don't want to go, but I should pay back this person's kindness once in a while," and agrees, but the destination turns out to be a sales fair of high-priced items, and the neighbor ends up being pressured to buy something they didn't even want.
 しかし、時にはこれを悪用する人もいる。たとえば日ごろから近所の人たちに親切にしておいて、ある時「今度、ためになるセミナーがあるんだけど、ぜひ行きましょうよ」と誘う。ふだんお世話になっている人は「行きたくないけれど、たまにはお返しをしなければ」という気持ちになり出かけて行く。すると連れて行かれた先は高額な商品の販売会で、ほしくもないものを買わされてしまったりする。

In this way, especially in Japan, duty and friendship have long been highly valued and I believe there are many people who feel that even if it takes somewhat of a sacrifice on their part, they have to return favors.
とくに日本では昔から「義理と人情」が重んじられており、「世話になったら多少無理をしてでも返さねば」と思う人が多いのではないだろうか。

Come the evening of May 15, there was an attempt to appeal to this sense of "giving back" through words and illustrations at a press conference by Prime Minister Shinzo Abe. The premier used an attack on United Nations peacekeeping forces from another country, and the Japanese Self-Defense Forces' response to this, as an example of a scenario that should be considered by the nation. Alongside an illustrative panel, he said, "Even if we received a request for help from another country's forces that are working with us to build peace, Japan's Self-Defense Forces would have to abandon them. This is the reality."
 15日夕、安倍晋三首相が行った記者会見では、私たちのこの「好意の返報性」に訴えかけるような言葉やイラストが用いられていた。首相は、今後実現を検討すべき具体的な例のひとつとして、国連平和維持活動(PKO)の他国部隊が武装勢力に襲われた際の自衛隊による「駆け付け警護」を挙げ、パネルを使いながらこう説明した。「一緒に平和構築のために汗を流している他国の部隊から救助してもらいたいと連絡を受けても、日本の自衛隊は彼らを見捨てるしかない。これが現実なのです」

Many people, hearing that and looking at the illustration of smiling peacekeepers, probably thought, "We should indeed help these people if they are in trouble, since they are helping the Japanese in the area. If we have to change the current interpretation of the Constitution a little for that, there is no problem."
 そう言われ、笑顔のPKO要員が描かれたイラストを見せられたら、私たちの多くはこう思うのではないか。「たしかに現地で日本人もお世話になるこんな人たちがピンチに陥ったら、助けてあげるべきだ。そのためにはいまの憲法の解釈を少し変える必要があるならそれは当然だろう」

This is a perfect example of the psychology of wanting to give back. I see people using this way of thinking in other justifications on the exercise of the right to collective self-defense, saying that if the United States military that is protecting Japan were to come under attack, it would then be Japan's turn to help.
 これこそまさに「好意の返報性」だ。ほかでもこの集団的自衛権の行使の問題では「日本を守ってくれるアメリカ軍が攻撃を受けたら、今度は日本が助けるのはあたりまえ」など、この心理で考えようとする人が目につく。

However, is it really OK to decide important matters about our national security with the kind of "pay back favors" thinking used in regular everyday life? We mustn't allow the kindness of the people who looked at that panel and thought, "We should help these nice young people if they are attacked" to lead us to war.
しかし、本当に「お世話になったからお返しする」というあまりに日常的な感覚で、国の安全保障という重要な方針を決めてしまってよいのだろうか。パネルのイラストを見て「こんなさわやかな若者が襲われたら、守ってあげなきゃ」と考える人たちのやさしさが戦争への道につながってしまった、などということだけはあってはならない。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2014年05月20日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:薬のない人生、いつ? /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:論文も「シェアする」時代? /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:薬のない人生、いつ? /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:論文も「シェアする」時代? /東京 »