« 香山リカのココロの万華鏡:「好意の返報性」に注意 /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:断たれた人生の連続性 /東京 »

2014年6月 9日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:論文も「シェアする」時代? /東京

May 18, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Is this the age of 'sharing' report papers?
香山リカのココロの万華鏡:論文も「シェアする」時代? /東京

After the recent news of suspected plagiarism being found in a STAP cell research paper, I took up the issue of plagiarism in my university class. I imagine this issue is being discussed at universities around the nation now.
 大学の授業でいわゆる「コピペ」、他人の文章を自分のリポートなどに無断で丸写しする問題を取り上げた。STAP細胞の論文にそれと思われる箇所があったことがきっかけとなり、いま全国の大学で「コピペ問題」が語られていると思う。

The students of course say they think that, in general, plagiarism is wrong. They give reasons like "because it won't allow you to develop your own thinking skills" and "because it's a violation of copyright." However, it is interesting that as the discussion continues, inevitably someone will suggest that plagiarism isn't such a bad thing.
 学生たちももちろん「基本的にはコピペはしてはいけない」と言い、理由を問うと「自分で考える力がつかないから」「著作権侵害だから」などと話す。しかし、あれこれ議論するうちに「よく考えるとコピペはそれほど悪くないのでは」といった意見も必ず出てくるのが興味深い。

"For parts where it will end up almost the same no matter who writes it, it seems alright to use what someone else has written to save time," they say, or "when you completely agree with something else, it seems OK to copy it to show your agreement with it." When I heard one student say, "It's nicer to let someone read a well-written piece than a poor piece I wrote myself," I laughed and almost found myself agreeing.
 「誰が考えても同じような文章になるような箇所は、時間節約のため前の人が考えたものを使ってもよいのでは」「完全にその考えに共感している場合、“私も同じです”という意味でのコピペならありではないか」という具合だ。「自分で書いた下手な文章を読ませるより、コピペでちゃんとしたものを読んでもらうほうが親切」という意見には思わず噴き出しながら「なるほど」と納得しそうになってしまった。

Today's university students have been using the Internet since they were little. Out in cyberspace is limitless information and knowledge, and much of it is free. In this state of affairs, people no longer care so much from where such information originates. Or maybe a better way to put it is that people feel that the information out there on the Internet "belongs to everyone." Young people often call their posting of photos or other things online "sharing," and perhaps they believe that knowledge and information is something to be "shared" in the same way.
 いまの大学生の多くは、物心ついた頃からインターネットに触れてきた。そこには無数の情報や知識があふれており、多くが無料で提供されている。そうなると、もはやそれが誰のオリジナルなのかには、あまり関心がなくなる。というより、「このネット空間の情報や知識はみんなのもの」という感覚なのだろう。よく若い人は自分が撮った写真などをネットで公開して見てもらうことを「シェアする」と言うが、まさに情報や知識もシェアされるものと思っているのかもしれない。

In the future, if a student who copied a paper were to say, "I didn't plagiarize. Professor, don't you know that the assembled information on the Internet is called 'collective knowledge?' I just borrowed from that collective knowledge," what could I say to them to convince them they were wrong? It would be even more of a headache if the original source of the information had said something like, "Everyone please share this!"
 今後、誰かのリポートや論文を丸写しして「コピペしたんじゃないですよ。ネット上にある知識の集積を“集合知”というのを先生は知らないんですか? 私はその集合知をシェアしただけです」などと言い張る学生が出てきたら、どうやって「それはいけないこと」とわかってもらったらよいのだろう。はじめに書いた側も「どんどんみなさんでシェアしてください」などと言い出したら、事態はさらにやっかいになる。

As a psychiatrist, I could say, "If you are always copying others, you will lose your sense of who you are," but what should I say as a university teacher? What an odd thing to be thinking about this May. Well, for now I think I will just say, "Even if it's poorly written, it is important to think by yourself when you speak, and when you create your reports."
 精神科医としては「コピペばかりしていると自分は何かという大切な感覚がなくなる」などと言えるが、大学の教員としてはどう言うべきか。おかしなことで悩む5月となった。しかし、いまの時点ではやっぱりこう言っておこう。「たとえ稚拙でもいい。自分の頭でしっかり考えて発言したり、リポートを仕上げたりすることが大切だよ」

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2014年05月13日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:「好意の返報性」に注意 /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:断たれた人生の連続性 /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:「好意の返報性」に注意 /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:断たれた人生の連続性 /東京 »