« リフォームシミュレーターというのを発見しました(お部屋のリフォーム見積もり) | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:薬のない人生、いつ? /東京 »

2014年6月 9日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:おとなに疑問抱く瞬間 /東京

June 08, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Kids' moment of doubt about adults' supremacy
香山リカのココロの万華鏡:おとなに疑問抱く瞬間 /東京

I was recently asked for a magazine interview on my memories of school lunches. When I was little, I was a big fan of lunches served at my school, and I even wrote about my love for school lunches in an article. The magazine editor apparently saw the article and asked me to talk more about it.
 ある雑誌から「給食の思い出」という取材を受けた。実は私は子どもの頃、学校給食が大好きで、そのことを原稿に書いたこともある。それを見た編集者から「もっとくわしく語ってください」と依頼があったのだ。

"Which menu was your favorite?" "How many times in a week did you ask for seconds?" While the magazine writer asked me these questions, I was taking a walk down memory lane and remembering lunchtime in my elementary and junior high school years.
 「どんなメニューが好きだったのですか」「おかわりは週に何回くらい」などと質問を受けながら、小中学時代の給食のことをあれこれ思い出した。

While I was a big school lunch person, some of my classmates did not like the meal served at school. Some students avoided certain items such as carrots and milk, while one classmate said she would not eat anything that was a stew or soup.
 私は給食が好きだったのだが、クラスには「給食が苦手」という同級生もいた。牛乳やにんじんなど決まった食材がダメという子も「とにかく汁ものが全部きらい」という子もいたように思う。

Some teachers made a rule to eat everything that was served for lunch and made students sit until they finished their food.
 担任の先生によっては「給食を残すのは許さない」という決まりを作り、昼休み時間が終わるまで席について食べるように強制している人もいた。

I think it was in my second year in junior high school that one of my classmates threw out food she just could not eat from a window. While classmates pretended that they did not see anything, the teacher found out what she had done. The teacher in a rage told all students in the classroom that we were all responsible for what happened. The teacher then told each of us to write a letter of apology after school.
たしか中学2年のときのことだったと思うのだが、どうしてもある食材が食べられない同級生が先生の目を盗んでそれを窓から投げ捨てた。まわりの子は見て見ぬふりをしたのだが、不幸なことに先生に見つかり、「捨てた人も見逃した人も、いや、みんなの連帯責任だ」と激怒して「授業が終わった後、みんなに居残って反省文を書いてもらいます」と言った。

Being teenagers, we decided to ignore what the teacher had told us. The teacher left the classroom saying, "Bring your letters to me in the faculty room when you finish." But nobody began writing or even held a pencil. Instead, we talked about how it was OK not to finish the lunch. "There are some foods I don't like, too," some students would say.
 いま考えても理不尽な話だが、10代半ばの私たちはなんだかやたらに気持ちが高揚し、「反省文なんて書くのはやめようよ」と全員で決めた。そして、先生が「じゃ、反省文を書いた人から職員室に持ってきて」と言い残して出て行った後も、誰ひとり鉛筆を取ろうとせず、「給食を残したっていいじゃない」「私もきらいなおかずがあるよ」などとさかんにおしゃべり。

Needless to say, we made the teacher even angrier by not writing the letters, but eventually the teacher told us to go home.
もちろんその後、先生にはさらに怒られたが、結局、「もうわかった。帰りなさい」と帰宅許可を勝ち取った。

I wonder what we were fighting against in that classroom. Until then, we thought that what teachers tell us was right and we needed to listen to them, but when the teacher told us all to stay after school and write letters of apology, we probably thought, "That's not fair." That may have been the first time I questioned a teacher's instructions. And when we realized that not everything adults say is right and sometimes it's OK to disobey, we were kind of excited.
 あのとき私たちは、いったい何と戦ったんだろう、とふと考えた。それまでは「先生の言うことは正しい」と思って素直に言うことをきいていたのが「全員居残り」と指示されて「それは違うんじゃない?」とはじめて疑問を抱いた。そして、「そうだ、おとなの言うことにも間違いはあるかもしれないんだ。全部に従わなくたっていいんだ」と気づき、みんなで確認したのだ。それは妙に気持ちがたかぶる経験だった。

Do children these days experience that moment when they realize that adults are not always right? While it may be problematic to be too rebellious, I secretly hope they do go through moments when they doubt the legitimacy of adults.
 最近の子どもたちにも「おとなはいつも正しいわけじゃない!」と目覚める瞬間があるのだろうか。あまりに反抗的になるのも問題だが、私としてはひそかに「おとなに疑問を抱く瞬間、あればいいのにな」と思うのだ。

(Answers by Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2014年06月03日 地方版

|

« リフォームシミュレーターというのを発見しました(お部屋のリフォーム見積もり) | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:薬のない人生、いつ? /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リフォームシミュレーターというのを発見しました(お部屋のリフォーム見積もり) | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:薬のない人生、いつ? /東京 »