« 中枢拠点都市 「地方創生」へ戦略が問われる | トップページ | 米中戦略対話 同床異夢の「新しい大国関係」 »

2014年7月 8日 (火)

「富士山」山開き 世界遺産にふさわしい保全を

読売にしてはきわめて珍しい誤植(ミスタイプ)なんです。
Mr. Fuji → Mt. Fuji
(スラチャイ)

The Yomiuri Shimbun
With start of year’s climbing season, Mt. Fuji’s beauty must be preserved
「富士山」山開き 世界遺産にふさわしい保全を

Now that this year’s summer climbing season for Mt. Fuji has started, many people will aim to ascend Japan’s tallest mountain, which has observed the first anniversary of its registration as a World Cultural Heritage site.
 富士山が夏山シーズンを迎えた。世界文化遺産に登録されてから1年、今年も多くの人々が山頂を目指すだろう。

As the number of climbers increases, there are heightened concerns that the mountain’s rich natural environment will be damaged.
 入山者の増加とともに懸念されるのは、豊かな自然環境が損なわれることだ。

When it registered Mr. Fuji on its heritage list, UNESCO—in a rare move—assigned “homework” to the government to submit a report on the environmental preservation of Mt. Fuji by the end of February 2016.
 国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)は、2016年2月までに富士山の保全状況に関する報告書を提出するよう政府に求めている。遺産登録の際、異例の“宿題”として課せられたものだ。

If its worth as a World Heritage site is compromised, the mountain could be designated as an endangered site. UNESCO has gone as far as delisting a heritage site: Dresden Elbe Valley’s listing was nullified after Germany built a new bridge there, significantly changing its scenic view.
 世界遺産としての価値が揺らげば、「危機遺産」の指定を受けかねない。ドイツ・ドレスデンの「エルベ渓谷」のように、新たに橋を架けて景観が大きく変化したことで、遺産登録自体を取り消された例もある。

The Yamanashi and Shizuoka prefectural governments as well as relevant municipalities have set up the Mt. Fuji World Cultural Heritage council, which is tasked with making a report to UNESCO.
 山梨、静岡両県や地元自治体などは、「富士山世界文化遺産協議会」を組織し、ユネスコへの報告書作成に取り組んでいる。

Efforts must be made to preserve the environment of Mt. Fuji so the mountain can keep a status the nation can be proud of.
 富士山が、日本の誇る世界遺産であり続けるため、保全策に力を注がねばならない。

Above all, climbers must improve their etiquette. There is no end to littering by climbers despite the fact they are required to take all trash with them, a phenomenon that has resulted in a massive volume of garbage on the mountainsides.
 まず求められるのは、入山者一人ひとりのマナーの向上だ。ゴミを持ち帰らずに放置する例が後を絶たない。その量は膨大だ。

Hold down numbers

It is unavoidable to restrict the number of climbers, expected to reach 300,000 during the season, which runs through mid-September. Environment-friendly toilets are installed at about 50 locations above the mountain’s fifth station, but they are capable of handling only about 250,000 people.
 9月中旬までのシーズン中、30万人にも達する入山者の規制も避けて通れない。富士山の5合目から上には、環境配慮型トイレが約50か所に設置されているが、処理能力は約25万人分とされる。

The Yamanashi and Shizuoka prefectures set a voluntary ¥1,000 fee for people to climb the mountain starting this season. It is reasonable for climbers who put a burden on nature to shoulder some of the preservation costs, a system used widely elsewhere in the world.
 山梨、静岡両県は今シーズンから、1人1000円の入山料を任意で徴収し始めた。
 山の自然に負荷をかける入山者が、その保全費用の一部を負担するのは理にかなう。海外では広く取り入れられている制度だ。

Some critics say paying ¥1,000 or so will not discourage people from climbing the mountain. We believe, however, it is a realistic approach to start with a fee that most people will easily accept. It is an important step toward strengthening measures to preserve the environment.
 1000円程度の負担では、入山者を減らす効果が期待できないとの声もあるが、賛同を得やすい金額でスタートさせたのは現実的な対応だろう。
 自然環境保護の強化に向けて、重要な一歩と言える。

Noncommercial vehicles have been banned from the Fuji Subaru Line connecting to a trail at the fifth station and other roads for a certain period for the past 20 years. This year, the period was extended further.
 富士山では20年前から、5合目の登山口に至る富士スバルラインなどで、マイカーの乗り入れを一定期間禁止している。今年は、禁止期間をさらに延長した。

To effectively curb the number of climbers, various measures like these should be combined.
 入山者の抑制の実効性を高めるには、こうした様々な施策を組み合わせることが必要だろう。

Local communities concerned are still pinning high hopes on a tourism boost with the heritage listing. But it will be utterly meaningless if a steep rise in the number of tourists and climbers to Mt. Fuji irreparably damages its nature.
 世界遺産登録により、地元では依然として、観光振興への期待が高い。だが、観光客や入山者の急増で、自然環境が破壊されてしまっては、元も子もない。

Stopping disorderly developments to ensure Mt. Fuji remains close to its original state can only enhance the worth of this mountain.
 無秩序な開発に歯止めをかけ、本来の姿をとどめることが、富士山の価値を高めよう。

(From The Yomiuri Shimbun, July 6, 2014)

|

« 中枢拠点都市 「地方創生」へ戦略が問われる | トップページ | 米中戦略対話 同床異夢の「新しい大国関係」 »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中枢拠点都市 「地方創生」へ戦略が問われる | トップページ | 米中戦略対話 同床異夢の「新しい大国関係」 »