« 香山リカのココロの万華鏡:使用一瞬、依存一生 /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:彼らのルールは妥当? /東京 »

2014年7月 7日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:もう少しラクになれば /東京

June 29, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Be easier on yourself
香山リカのココロの万華鏡:もう少しラクになれば /東京

We all live through life with our own preferences. Some people like to eat in the open air, while others dislike it because they think it's dirty. When these preferences grow to the size that they interfere with work or private life, however, that is called "obsessive-compulsive disorder" (OCD).
 私たちはみな、いろいろな「こだわり」を持って生きている。「開放的な屋外で食事をするのは気持ちいい」という人もいれば、「外で食べるなんて不潔できらい」という人もいるだろう。その「こだわり」が過剰になり、生活や仕事に支障がきたされるほどになった場合、それは「強迫性障害」と呼ばれる。

OCD is a common psychological disorder, like depression. A common obsession amongst those with OCD is repeated washing of hands or clothing because of worry that they or their surroundings are covered with germs. Another is repeatedly "checking" on something, like that doors or windows are closed or that gas valves are shut. Sometimes the obsession is an arbitrary rule like "start walking with the right foot" or doing anything to avoid using a particular number. OCD is much more severe than just having strong preferences or believing in good luck charms. In many cases, the person with OCD agonizes because they know what they are doing is unreasonable but they cannot stop.
 強迫性障害は、うつ病などと並んでよくある心の病のひとつだ。その中でもとくに多いのは、自分やまわりが細菌などで汚れているのではと気になり、何度も手洗いや洗濯をしてしまう「洗浄」と、戸締まりやガスの元栓などを繰り返し確かめる「確認」だ。ほかにも「歩き出すときは右足から」といった自分で作ったルールにこだわったり、特定の数字を何としても避けたりする人もいる。強迫性障害の場合、単に「こだわりが強い」「ジンクスを大切にする」といった程度を大きく超えており、本人も「そこまでやらなくてよいのに。でもやらずにはいられない」と苦痛を感じている場合が多い。

These days, it is thought that OCD is caused not just by personality or stress, but by problems with the distribution of brain hormones. Often medicine to correct this distribution is used in the treatment of OCD, and behavioral treatment that involves gradually gaining control over the problem behavior is also said to be effective.
 いまのところ、この強迫性障害は性格やストレスだけが原因ではなく、いわゆる脳内ホルモンの調節障害がかかわっていると考えられている。そのため、治療にはその障害を改善する薬を使うことが多いが、段階を踏みながら問題となる行動をコントロールする認知行動療法も効果的といわれている。

OCD often occurs in children. For a child who insists on bowing 100 times before they go to sleep, often the reason is that they think that if they don't follow that rule, something bad will happen to their family. Even if it seems ridiculous to adults, children often believe such things.
 この強迫性障害はしばしば子どもにも起きる。子どもの場合、「寝る前に100回おじぎをする」といったこだわり行動の背景には、「それをしないと家族に悪いことが起きるから」など「家族を守るため」という理由があることも多い。おとなが「そんなバカな」と思うことでも、子どもは疑うことなく信じてしまいがちなのだ。

Family members should not scold such a child but instead be accepting while inviting them to do something more fun. For example: "Thanks for doing that for everyone, but you can stop partway. Now let's eat." If the family members get annoyed by the behavior, it will only escalate.
 家族は「そんなこと、やめなさい」「意味がないでしょう」としからずに、「みんなのためにやってくれているんだね」などと受け入れ、「でも途中でやめても大丈夫だよ。さあ、ごはんにしよう」ともっと楽しいことに誘ってあげるくらいの“何気なさ”が大切だ。見ている家族のほうがイライラして、いても立ってもいられなくなっては、ますます行動はエスカレートしてしまう。

For children as well as adults, those with OCD tend to be serious, hard workers who are dependable at their jobs. I'd like them to calmly validate themselves, saying, "These preferences make up a unique part of who I am, but if I relax a little I can enjoy life more."
 おとなの場合でも、強迫性障害の人たちは一般にまじめで努力家、仕事などの面では信頼できる実力派が多い。「このこだわりは個性。でももう少しラクになればもっと人生、楽しめるはず」くらいにどっしりかまえて、自分を認めてあげてほしい。(精神科医)

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2014年06月24日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:使用一瞬、依存一生 /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:彼らのルールは妥当? /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:使用一瞬、依存一生 /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:彼らのルールは妥当? /東京 »