« 香山リカのココロの万華鏡:もう少しラクになれば /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:「無関心」という不幸 /東京 »

2014年7月 7日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:彼らのルールは妥当? /東京

June 22, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Are youth rules on smartphone use appropriate?
香山リカのココロの万華鏡:彼らのルールは妥当? /東京

Some 450 million people worldwide are believed to be users of the free communication app "Line." I recently asked some 100 university students in my classes if they used Line, and all of them said they did.
 世界で4億5000万人が使っているといわれる無料通信アプリ「LINE(ライン)」。大学で二つのクラスで「使ってる人は」と尋ねると、どちらも50人以上の学生の全員が手をあげた。つまり利用率100%だ。

Recently, people have become victims of crimes through the use of Line, and I asked my students what they thought were problems surrounding the application. But most students said they can't think of any problems. As I was not convinced by their answers, I asked some students to talk about incidents related to the use of Line, and a student said, "I was asked to go out on a date for money by a complete stranger via Line." Another student said, "I was in a group chat, but forgot who was in the group and talked ill about a person who was actually a group member."
 最近、このアプリでのやり取りから犯罪に巻き込まれたという事件もあるので「使っていて困る点、危険な点は?」ときいたところほとんどの学生は「特にない」と言う。それでも食い下がって何人かに話をきくと「知らない人から突然、援助交際の誘いがあった」「グループを作ってやり取りをしている中で誰がメンバーだったか忘れて、そこにいた人の悪口を書いてしまった」など、事件やトラブル寸前のような経験をしている人もいることがわかった。

So, how come some people can enjoy conversations via Line while avoiding problems, while others are dragged into crimes using the same application?
 では、どういう人が犯罪に巻き込まれ、どういう人がそれをすり抜け安全なコミュニケーションを楽しんでいるのだろう。

Students told me that they are cautious when using the app. They said they don't respond to Line messages unless they are absolutely sure who the sender is, and they block any unknown users.
 学生たちにさらに話をしてもらうと、危険を回避するために日ごろからかなり警戒していて、完全に誰かがわかる相手から来た連絡以外には「一切こたえない」「すぐにブロックする」という声も多く出た。

I told my students that I politely ask senders who they are when I receive Line messages from people who only use their usernames. "Unbelievable!" "That's too dangerous!" the students said to me. Under their own rules, it is okay to ignore messages sent by users who don't use their real names.
「ニックネームで登録している人から突然、LINEのメッセージが来ることがあって、そういうときには失礼がないよう、一応『どなたですか?』と返事しているんだけど」と私が言うと、学生たちからいっせいに「信じられない!」「危険すぎます!」といった声があがった。「たとえ多少の失礼があっても、フルネームを名乗らずに連絡してくる人は無視してよい」というのが、彼らのルールのようなのだ。

Young people who have been raised with communication tools like the Line app avoid risks carefully and sometimes boldly. From an adult perspective, however, their techniques while using such communication tools may endanger relationships with their friends and families. They may also misunderstand and think that they are close to someone they have never met.
 ものごころついたときからこういったツールを使いこなして友人や家族とコミュニケーションしている若者たちは、ときには大胆にときには慎重に振る舞いながら、便利さと危険回避とのバランスを取ろうとしている。ただ、大人から見ると、一歩間違えば大切な関係が壊れることもあれば、逆に会ったこともない相手との関係を親密と錯覚してしまうこともありそうだ。

I think these types of communication apps will continue to grow, and by no means am I protesting against them. But, I am not sure if rules created by young people when using those apps are appropriate. When I heard a student say, "I can't live without this app," I thought maybe we the adults need to review such rules among young users.
 こういった手軽に誰とでもやり取りできる便利なツールは、これからもどんどん登場するだろう。それを今さら「やめるべき」と言うつもりはない。ただ彼らが作り上げた“使い方のルール”が本当に妥当かどうかは、一度、大人も首を突っ込んで検討してみる必要があるのではないか。「これがなければ生きられない」と無邪気に語る学生たちの顔を見ながら、そんなことを考えた。(精神科医)

(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2014年06月17日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:もう少しラクになれば /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:「無関心」という不幸 /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:もう少しラクになれば /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:「無関心」という不幸 /東京 »