« 香山リカのココロの万華鏡:「立派な親」のプレッシャー /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:必要な大人は誰なのか /東京 »

2014年8月11日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:今も健在?血液型ネタ /東京

August 03, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Questioning the relevance of blood type
香山リカのココロの万華鏡:今も健在?血液型ネタ /東京

I once had the opportunity to appear on a television program as a commentator. That day, a prominent musician from the United States was to feature on the program as a guest.
 以前、テレビの情報番組にコメンテーターとして出演したときのことだ。その日は、アメリカから来日中の大物ミュージシャンもゲストで出演することになっていた。

The studio had prepared several question boards, and as I waited before the program, I wondered what questions would be asked. I then spotted one of them, which surprised me. "What is your blood type?" it read.
 スタジオには、そのミュージシャンへの質問を書いたボードが何枚か用意されていた。番組が始まる前、「どんな質問があるのかな」と眺めていた私は、ある1枚を見て驚いた。「血液型は?」と書かれていたのだ。

The program staff member who had prepared the question believed in the ability to tell people's personalities based on their blood type.
 ボードを作ったスタッフは「血液型性格占い」を信じている人で、

They probably imagined a scene where the guest's blood type would be revealed and the host would liven up the program with a comment like, "Wow, I never would have guessed it!" or "I thought you'd be that type, because you do things at your own pace."
血液型をきき出し、司会者らが「えー、意外!」「マイペースだからそうかと思ってた」などと盛り上がる様子を想像したのだろう。

But the practice of deducing people's personalities based on blood type is pretty much restricted to Japan and a few other countries in Asia.
しかし、「血液型性格占い」は日本を中心にアジアのわずかな国に広まっているだけで、

In Europe and the United States, most people haven't even heard of it.
欧米の人などは存在すら知らない。

I imagine I would be startled if I were suddenly asked a question about my body, like, "What's the diameter and color of your navel?" I think asking someone for their blood type is the same sort of thing.
たとえば私たちが海外の番組に出て「あなたのヘソの直径と色は?」などとからだのことをきかれたらギョッとすると思うが、それと同じようなものだと思う。

I quickly called for the question to be ditched, and other staff members apparently agreed with me. The impending scene of a major star suddenly being asked for personal medical information in the form of their blood type was thereby averted.
 私はあわてて「この質問、やめたほうがいいですよ」と言い、ほかのスタッフからも同じ声が上がったらしく、結局、大スターに突然、血液型という医学的個人情報をきく、などという事態にはならなかった。

The other day, a study released by sociologist Kengo Nawata drew attention in Japan. It indicated through statistical analysis that there is no scientific basis for a relation between a person's blood type and personality.
 先日、社会学者の縄田健悟氏が「血液型と性格の関連性に科学的根拠はない」とする統計学的な解析結果を記した論文を発表し、話題になった。

Nawata targeted over 10,000 people from Japan and the United States in the survey, which analyzed the blood types of respondents in comparison to their attitudes.
縄田氏は日米の1万人以上を対象にした意識調査と回答者の血液型とを解析し、

The study revealed that blood type bears practically no relation to a person's sense of values and daily habits.
その人の価値観や生活習慣などと血液型にはほとんど何の関係もないことを明らかにしたのだ。

There actually exist other studies giving the same results, and I have presented these at universities, where I repeatedly tell students, "There is no relation between blood type and personality."
 実は同じ結果を示す研究はほかにもあるので、私も大学でそれを見せながら、学生たちに繰り返し「血液型と性格は関係ないんですよ。

"That notion," I say, "is based on a boom that was started in Japan in the 1970s.
1970年代に日本で作られたブームがもとで、

We simply assume things like, 'I'm type B, so I must be that type of person.'"
私たちは『自分はB型だからこうであるはず』と思い込んでいるだけですよ」と伝えている。

My students look at me with serious expressions on their faces and say they understand.
 学生たちはそのときはまじめな顔で「よくわかりました」などと言う。

But then when I share a meal with them, I hear them ask each other, "What's your blood type?" and exclaim, "Really? You're serious, so I thought you'd be a different type."
しかし、いっしょに食事会などをするとやっぱりまた、「あなた何型?」「ホント! マジメだから違うと思った」などと盛り上がっている。

For them, talking about blood type might be a handy tool allowing them to find an entry point to communicate with another person.
彼らにとっては血液型の話は、とりあえずコミュニケーションの入り口を見つけるために便利なツールなのかもしれない。

As an educator, though, I discourage them from picking friends or partners based on blood type, or using their blood type to pass judgment on their own personalities.
それはわかるけれど、くれぐれも血液型で友人や恋人を選んだり自分の性格を決めつけたりはしないように、と教員としては思うのである。

(By Rika Kayama, psychiatrist)
(精神科医)
毎日新聞 2014年07月29日 地方版

|

« 香山リカのココロの万華鏡:「立派な親」のプレッシャー /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:必要な大人は誰なのか /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 香山リカのココロの万華鏡:「立派な親」のプレッシャー /東京 | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:必要な大人は誰なのか /東京 »