« エボラ出血熱 国際連携で拡大を食い止めよ | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:今も健在?血液型ネタ /東京 »

2014年8月11日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:「立派な親」のプレッシャー /東京

August 10, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: The pressure of having upstanding parents
香山リカのココロの万華鏡:「立派な親」のプレッシャー /東京

Among the children who come to my consultation room for skipping school or violence in the home, many have parents with some kind of upstanding job: teacher, lawyer, doctor, pastor. Those parents say things like, "I'm in a job where I guide others, yet my own child is a shut-in."
 診察室にやって来る不登校や家庭内暴力などの子どもで、「親が先生」という場合がよくある。「先生」の種類は、学校の教師、弁護士、医師、教会の牧師などさまざまだ。付き添ってきた親は「私が他の人を指導する立場なのに、わが家に引きこもりの息子がいるとは」とつらそうな顔をすることが多い。

In my mind, I say to these people, "It is because you are considered upstanding, and because you continue to act that way, that your child has assumed your weakness."
 そういう親に、私は心の中でこう呼びかける。「そうやってあなたがまわりから立派だと言われ、そう振る舞い続けているから、息子さんはあなたの弱い部分を全部引き受けてくれているんですよ」

People have a variety of sides to them. A kind person has a mean side to them, and a person considered bad has a good side. Sometimes this opposite side that doesn't usually come to the forefront is called a "shadow" in psychology.
 人間にはいろいろな顔があり、どんなにやさしい人にも意地悪な一面があったり、逆に悪人だと思われている人にも善良な部分があったりする。表には出ていない正反対の顔を心理学では「シャドウ」と呼ぶことがある。

For a person in a job of respect, there is little opportunity to express this shadow. They may have to constantly put on a performance that this shadow doesn't even exist, and according to the psychologist Hayao Kawai, in these cases sometimes a family member will end up assuming this shadow role instead.
 しかし、周囲から尊敬されている「先生」の場合、その「シャドウ」を出す機会はほとんどない。あるいは、そんな正反対の顔など一切ないようにいつも立派な顔を見せ続けなければならない。そうなると、ときどき家族の中の誰かが「シャドウの肩代わり」をすることがある。そう言ったのは心理学者の河合隼雄氏だった。

The reason that the children of people with upstanding jobs sometimes end up skipping school or exhibiting other problem behavior may be because they are assuming this shadow role.
 「先生」の子どもたちが学校に行かなくなったり問題行動を起こしたりするのは、まさに「シャドウの肩代わり」なのではないだろうか。

I think it is wrong for the parents of these children to consider them an embarrassment.
そういうわが子を見て、親が「恥ずかしい、情けない」と言うのは違うと思う。

Instead, I want them to reflect on whether they aren't trying too hard to make themselves look good, whether they haven't demanded too much of their children that they mind the eyes of others.
そこで親には「いつも無理してまわりに良い顔ばかりを見せすぎていないだろうか。

Should they self-reflect in this way, I think they will notice a different side of themselves, one that sometimes wants to slack off.
子どもにも“世間の目があるんだからちゃんとしろよ”と強要したのではないか」とちょっと振り返ってみてほしい。そうすると「自分の中にもときにはサボりたい、ダラけたいという思いがある」などといつもの顔とは違う一面に気づくはずだ。

If they can then bring out that side of themselves in front of their family, that would be best, but if they cannot, then I hope they will at least avoid putting too much pressure on their children to act properly in front of others.
 「今日は家族でダラダラしようか。父さんもいつも“先生”じゃいられないよ」などと自分の中の「シャドウ」に目を向け、家族の前でそれを出すことができればいちばんよい。それがむずかしければ、せめて子どもに「私を尊敬してくれている人たちの手前、家族にもきちんとしてもらわなければ困る」などとプレッシャーをかけないでほしい。

To those children who have assumed the shadow of their parents before even realizing it, I want to say, "It's OK to take better care of yourself."
 そして、立派な親のもと、「シャドウの肩代わり」を知らないあいだに引き受けてイライラしたりモヤモヤしたりしている子どもたちには、こう言いたい。「おつかれさま、でももっと自分を大切にしていいんだよ」

(By Rika Kayama, psychiatrist)
(精神科医)
毎日新聞 2014年08月05日 地方版

|

« エボラ出血熱 国際連携で拡大を食い止めよ | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:今も健在?血液型ネタ /東京 »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エボラ出血熱 国際連携で拡大を食い止めよ | トップページ | 香山リカのココロの万華鏡:今も健在?血液型ネタ /東京 »