« 全国学力テスト 適度な競争が好結果を生んだ | トップページ | 慰安婦問題 史実踏まえて新長官談話を »

2014年8月27日 (水)

社説:サッカーとバナナ 人種差別を根絶しよう

August 26, 2014(Mainichi Japan)
Editorial: J.League should adopt zero tolerance toward racism
社説:サッカーとバナナ 人種差別を根絶しよう

It's not their fault but bananas have become a symbolic sign of racism. We must eradicate all sorts of discrimination from soccer stadiums and society.
 バナナが悪いわけではない。バナナが人種差別の象徴的記号となってしまっていることを私たちは知らなければならない。そして、あらゆる差別をスタジアムと社会から根絶しなければならない。
   
During a J.League game between Yokohama F. Marinos and Kawasaki Frontale at a stadium in Yokohama on Aug. 23, a teenage Marinos fan sitting behind the Marinos goal waved a banana toward the pitch. It was just after a Brazilian player with Frontale failed to score a goal and was about to turn back.
 横浜市で23日に行われたサッカーJ1の横浜F・マリノス−川崎フロンターレ戦で、横浜マの10代後半の男性サポーターがピッチに向けてバナナを振る行為があった。川崎のブラジル出身の選手が相手ゴールに攻め込んだが得点できず、引き揚げようとした時、ゴール裏のスタンドにいた男性がバナナを振った。

During questioning by Marinos' officials, the teenager explained that he was aware of his act of provocation but that it wasn't aimed at any particular player. His explanation underscores a lack of awareness against discrimination, which the Federation Internationale de Football Association (FIFA) and the Union of European Football Associations (UEFA), as well as soccer leagues across the globe, have been trying so hard to eliminate from stadiums.
 横浜マの事情聴取に対し、男性は「挑発行為はしたが、特定の選手に向けたものではない」と説明したという。この言葉には、国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)、各国リーグが根絶に取り組んでいる差別に対する意識の希薄さが表れている。

Throwing bananas onto the pitch carries the connotation of calling someone a monkey and is a well-known means of racial discrimination. Since African footballers started to play in the European leagues in the 1970s, there has been a spate of discriminatory incidents involving bananas. Those incidents represent the dark side of racial and ethnic diversity.
 バナナをピッチに投げ入れるなどの行為は「お前はサルだ」という意味で、人種差別の常とう手段だ。欧州では1970年代以降、アフリカ生まれの黒人選手らがプレーするようになり、バナナによる差別行為が頻発した。多民族化、多人種化が引き起こした負の側面と言えよう。

During a Spanish league game in April, a banana was thrown onto the pitch at the feet of FC Barcelona player Dani Alves as he was about to take a corner. The Brazilian national team player picked up the banana, peeled it and ate it, and then kicked the ball as if nothing had happened.
 スペインリーグでは4月、バルセロナに所属するブラジル代表の選手がコーナーキックを蹴ろうとした時、足元にスタンドからバナナが投げ込まれた。その選手はバナナを拾って皮をむき、食べた後、何事もなかったかのようにボールを蹴った。

Such a humorous reaction to an act of discrimination sparked worldwide compassion, prompting not only fellow soccer players but also the Italian prime minister to be photographed peeling a banana and then post it on Facebook and other social media. Unfortunately, however, there is an endless stream of similar acts of discrimination in Europe.
 差別に対してユーモアを交えた行動で応じたこの行為は世界中の共感を呼び、選手だけでなく、イタリアの首相もバナナの皮をむいて写真に納まり、フェイスブックなどで発信した。だが、残念ながら欧州では同様の行為が絶えない。

In the J.League, the Urawa Reds were penalized with an unprecedented game behind closed doors after its supporters displayed a racist banner reading "Japanese Only" at Saitama Stadium in March. Urawa's management was criticized for leaving the banner unaddressed until after the game while some spectators had raised questions about it.
 Jリーグでは3月、浦和のサポーターによって人種差別横断幕「JAPANESE ONLY(日本人以外お断り)」が埼玉スタジアムに掲げられ、浦和に史上初の無観客試合が科された。観客から指摘を受けながら、クラブ側が試合終了まで放置したことも問題だった。

Lessons and reflections from that incident may have led to the Marinos' quick reaction to the latest incident. The club decided to impose an indefinite ban on the teenager later the same day, and the Marinos' president reported the incident as an "act of discriminatory provocation" to J.League Chairman Mitsuru Murai on Aug. 25. The J.League is poised to impose sanctions on the Marinos at an early date.
 この反省と教訓が今回、横浜マの素早い対応につながったと言えるだろう。その日のうちに男性に対し無期限の入場禁止処分を下すことを決め、週明けの25日には社長がJリーグに出向き、村井満チェアマンに「差別的挑発行為」と報告した。Jリーグは早期に制裁を科す方針だ。

What takes place at soccer stadiums represents the realities of society. The J.League should take this incident as an opportunity to send out a message to society that discrimination is totally intolerable and demonstrate its spirit of "zero tolerance" to racism and discrimination, following the footsteps of FIFA and other organizations.
 スタジアムと社会はつながっている。差別は絶対に許さないというメッセージを社会に発信する契機ととらえ、JリーグはFIFAなどにならい、「ノートレランス(非寛容)」の精神で臨むべきだろう。

毎日新聞 2014年08月26日 02時30分

|

« 全国学力テスト 適度な競争が好結果を生んだ | トップページ | 慰安婦問題 史実踏まえて新長官談話を »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全国学力テスト 適度な競争が好結果を生んだ | トップページ | 慰安婦問題 史実踏まえて新長官談話を »