« TPP協議 進展阻む米国の対日強硬姿勢 | トップページ | 社説:テロとの戦い 明確な展望が必要だ »

2014年9月27日 (土)

国語世論調査 誤用に気づく契機にしたい

The Yomiuri Shimbun
Use results of government language survey to correct misuse of words
国語世論調査 誤用に気づく契機にしたい

Are there any words we use erroneously without knowing their actual meaning?
 本来の意味とは異なることを知らずに、誤った使い方をしている言葉はないだろうか。

Take “nitsumaru,” for example. This is an idiomatic expression describing a situation in which a conclusion is ready to be made after exhaustive discussions. However, 40 percent of the respondents in a government survey thought it meant being bogged down.
 例えば、「煮詰まる」だ。議論が尽くされ、結論が出せるようになった状態を示す慣用表現だが、4割の人は、議論が行き詰まった状態と思い込んで使用している。

The Cultural Affairs Agency’s survey of the national language was conducted among men and women aged 16 or older. There were more than 2,000 respondents.
 文化庁が16歳以上の男女を対象に実施した「国語に関する世論調査」の結果で明らかになった。

“Sekenzure” means someone has become cunning through dealing with the world, but no more than 30 percent of respondents used the term correctly. More than half of the respondents who used it incorrectly thought it meant one’s thinking deviates from that of society.
 「世間ずれ」は、世間を渡ってずる賢くなっていることを示す言葉だ。正しく使っている人は3割にとどまり、半数以上が誤って、世の中の考えから外れている意味で用いていた。

“Manjiri to mo sezu,” which means sleepless, was used by half of the respondents to mean staying still.
 眠らないでいる状態を表す「まんじりともせず」も、半数の人が、じっと動かないでいるという意味で使っている。

All these phrases were more often used incorrectly by younger generations. The survey results must be used as an opportunity to spread the correct meaning of words.
 いずれの表現も、若い年齢層ほど誤用が多い傾向がある。調査結果を言葉の正しい意味を知るきっかけとしたい。

The agency has put up videos on its website and elsewhere explaining the meanings and usages of idiomatic expressions. We want it to conduct more such educational activities regarding the Japanese language.
 文化庁は、慣用表現の意味や使い方を説明する動画を作り、ホームページなどで公開している。啓発に努めてほしい。

An encouraging sign

Regarding the use of honorifics, the survey found that an increasing number of people are aware of inappropriate and unfit expressions. This is an encouraging sign for eliminating incorrect usage.
 敬語の使い方では、不適切だったり、ふさわしくなかったりする表現に気づく人が増えている。誤用をなくす上で明るい材料だ。

In the sentence “Okyaku-sama, dozo itadaite kudasai,” for example, the humble “itadaku” is not the proper deferential term. More than 70 percent of the respondents said the sentence bothered them, an increase of eight percentage points from a decade ago.
 「お客様、どうぞいただいてください」という文は、謙譲語の「いただく」を尊敬語と間違えている。この例文について、7割以上が「気になる」と答えた。10年前よりも8ポイント増えた。

The survey found that young people tend to attach importance to honorifics so as to smooth human relations. This is partly because they have more chances to learn honorifics, beginning in their student days when they attend such events as seminars on how to interact with customers at the restaurants or shops where they work part-time.
 若年層では、人間関係を円滑に進めるために、敬語を重視する傾向がうかがえる。接客のアルバイトなどの研修で、学生時代から敬語を学ぶ機会が増えていることも影響しているのだろう。

The latest survey covered for the first time the use of nouns combined with the suffixes “ru” and “suru.” A typical usage is “chin-suru.” Ninety percent said they use this phrase about heating something in a microwave oven, indicating it has taken root among all age brackets.
 今回の調査では初めて、名詞などに「る」「する」をつけた言葉の使用状況も調べた。
 代表格が「チンする」だ。9割の人が、電子レンジで加熱する際に使っている。全ての年齢層ですっかり定着したと言える。

“Sabo-ru” (slack off), “ocha-suru” (have coffee or tea), and “jiko-ru” (cause or have an accident) were also frequently used.
 「サボる」「お茶する」「事故る」なども使用率が高い。

On the other hand, such phrases as “disu-ru,” which means to dis or speak badly of someone, and “kyodo-ru,” which means to assume a suspicious attitude, are used by some young people on the Internet. They are not yet in widespread use.
 一方で、否定する意味の「ディスる」や、挙動不審な態度を示す「きょどる」などは、一部の若者がネット上などで使っているだけで、一般化はしていない。

Languages change with the times. New words and phrases will emerge one after another.
 言葉は時代とともに変化する。新しい言葉も次々と生まれる。

Elderly people sometimes cannot understand expressions that are widely used among young people. To correctly convey their intentions, people must take care to select their words in accordance with the situation.
 若者の間では広く使われている表現でも、高齢者には通じないこともあるだろう。意図を正しく伝えるため、場面に応じて用いる心配りが必要だ。

(From The Yomiuri Shimbun, Sept. 26, 2014)Speech

|

« TPP協議 進展阻む米国の対日強硬姿勢 | トップページ | 社説:テロとの戦い 明確な展望が必要だ »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TPP協議 進展阻む米国の対日強硬姿勢 | トップページ | 社説:テロとの戦い 明確な展望が必要だ »