« STAP検証 実験を続ける意味があるのか | トップページ | 社説:防災の日 身を守る力を備えよう »

2014年9月 2日 (火)

香山リカのココロの万華鏡:カジノ依存は手ごわい /東京

August 31, 2014(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: Casino addiction is not to be taken lightly
香山リカのココロの万華鏡:カジノ依存は手ごわい /東京

Recently, estimates for the number of people in Japan with gambling addictions were released by the Ministry of Health, Labor and Welfare. They were calculated at around 5.36 million, or about 8.7 percent of the male population and 1.8 percent of the female population, high numbers compared to that seen in other countries.
 先ごろ、パチンコや競馬などの賭け事をやめられない「ギャンブル依存症」の疑いがある人の国内推定数が厚生労働省から発表された。その数およそ536万人。男性の8・7%、女性の1・8%という結果は、諸外国に比べても高い。

Meanwhile, there is debate in the government about legalizing casinos in Japan to attract foreign tourists.
 おりしも政府内では、海外からの観光客誘致の一環としてカジノ解禁の議論が進んでいる。

The health ministry, while not opposing the idea, is reportedly pushing to forbid Japanese citizens from using the casinos.
厚労省はカジノ整備には反対しないものの、日本人の利用を認めないよう求めていく方針とのことだ。

In response to this, some of those supporting the legalizing of casinos are arguing that addiction depends on individual personalities and lifestyles, and having casinos will not necessarily make more gambling addicts.
この動きに関して推進派からは「ギャンブル依存の原因はその人自身の特性や生活にあり、カジノができたからといって依存症が増加するわけではない」という声も上がっている。

However, those casino supporters surely cannot deny that increasing exposure and ease-of-use to the target of an addiction promotes the addiction and makes breaking away from the disease more difficult.
 しかし、依存する対象への接触や利用のしやすさが依存を促進し、いったんでき上がった依存からの脱却をしづらくするのは否定できないだろう。

For example, for recovering alcoholics, I recommend not going to social functions involving drinking at the first stages of the treatment, because it takes quite some time before they will be able to turn down a drink.
たとえばアルコール依存症に陥り、治療を受けて断酒を始めた患者さんには、初期の段階では「なるべく飲み会には行かないように」と伝える。宴会に出て酒を勧められても「私はお茶で」と断れるようになるまでには、かなりの時間が必要なのだ。

Regarding casinos, the biggest problem is that a much bigger amount of money is at stake than in other gambling forms like pachinko.
 何より問題なのは、カジノの場合、パチンコなどに比べて一度に動く金額が膨大になる可能性があるということだ。

The excitement, tension, pleasure and despair that comes with instantly making or losing hundreds of millions of yen is something that cannot be experienced at jobs or in other forms of recreation, a casino addict once told me.
一瞬にして何億ものお金がもうかったり消えてしまったりするときの興奮、緊張、そして快感や失望は、ほかの遊びや仕事などではとても味わえない、と依存症に陥った人が語ってくれたことがあった。

For other addictions, things like sports or farm work can take their place, but casino addiction is tougher to overcome. ほかの依存ならスポーツや農作業などで日常を充実させることで回復する可能性もあるが、カジノ依存は手ごわい。

Even if an addict returns to a healthy lifestyle, they often relapse because they cannot forget the thrill they experienced.
健康的な生活に戻っても「あのスリルが忘れられない」と再び手を染めてしまう人も少なくない。

Of course, if casinos were created in Japan, not everyone would become addicted.
 もちろん、日本にカジノができたからといって、利用者のすべてがどんどんのめり込むわけではなく、依存症にまでなるのはほんの一部だろう。

I personally am opposed to opening casinos in the country, but if they would attract tourists from around the world and bring wealth to the local communities, I can understand why some would hesitate to pass them up.
私は個人的にはカジノ整備には反対だが、実現したら多くの観光客が世界からやって来たり地域が潤ったりするのだとしたら、あえて見送るのはあまりに惜しいという気持ちもわかる。

However, those pushing for casinos should be prepared for gambling addictions to cause great problems for the addicts' families and workplaces, and possibly ruin the addicts' lives.
 ただ、いったんカジノ依存が生じた場合、家族や職場にも甚大な迷惑がかかり、本人も一生を棒に振る危険性があるということを、推進派はしっかり覚悟しておいたほうがよい。

The optimistic opinion that "that won't happen" doesn't apply, as is clear from many examples both in Japan and abroad.
「そんな人はいるはずないよ」という楽観論はこの場合、通用しないということは、国内外のたくさんのケースを見れば明らかだ。

(精神科医)
(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2014年08月26日 地方版

|

« STAP検証 実験を続ける意味があるのか | トップページ | 社説:防災の日 身を守る力を備えよう »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STAP検証 実験を続ける意味があるのか | トップページ | 社説:防災の日 身を守る力を備えよう »