« 日独首脳会談 紛争解決へ「法の支配」強めよ | トップページ | 格闘技ではヒクソングレイシーの息子クロングレイシーが気に入っています »

2015年3月11日 (水)

フィジカル遺伝子分析を受けて、自分に最適なスポーツをみつける

私は足腰が強くて小学生時代から相撲をとれば、成績はいつも上のほうでした。体力の勝る数人を除いては、同じ体力ならば、負けたことがありません。
短距離を走れば、ずば抜けて速いというわけではありませんが、例えば100メートル競走などでは、いつも上位に食い込めました。
体力を過信して中学生の時1500メートル競走に参加したら、びりから二番目の成績で、自分に失望したほどなんです。
このように、得意な分野と苦手な分野があるのには、理由(わけ)がありました。
人は生まれながらにして、フィジカル遺伝子というものを持っているそうです。それは検査できるそうです。

フィジカル遺伝子分析を受けることで、運動に対する潜在能力や生まれ持ったカラダの特徴を知ることが出来るのです。
フィジカル遺伝子分析の結果に即して、自分に最適な食生活や運動の習慣をつかむことができます。
スポーツでどうせ努力をするのならば、ある程度結果が残せるようなものを選びたいものです。
フィジカル遺伝子 分析を受けることで、そんな夢のような選択ができます。
これは大いに期待でします。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« 日独首脳会談 紛争解決へ「法の支配」強めよ | トップページ | 格闘技ではヒクソングレイシーの息子クロングレイシーが気に入っています »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日独首脳会談 紛争解決へ「法の支配」強めよ | トップページ | 格闘技ではヒクソングレイシーの息子クロングレイシーが気に入っています »