« 日本はアジアの次の独裁国家になるのか? | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

2015年3月 2日 (月)

香山リカのココロの万華鏡:50代よ、今こそ奮起を /東京

March 01, 2015(Mainichi Japan)
Kaleidoscope of the Heart: People in your 50s, now is the time to act
香山リカのココロの万華鏡:50代よ、今こそ奮起を /東京

Excuse me for writing about myself, but I was born in 1960, 15 years after the end of Japan's involvement in World War II.
 自分の話で恐縮だが、私は「戦後15年」の1960年生まれだ。

When I tell students this now, they say I was born "right after the end of the war," but to me my surroundings growing up were already past the "post-war" atmosphere and in the middle of Japan's period of rapid economic growth.
いま学生にそう話すと「終戦直後ですね」と言われるが、自分の経験ではすでにまわりに「戦後」といった雰囲気はなく、日本は高度経済成長の真っただ中であった。

Afterwards, there was the oil crisis and other problems, but the Japanese economy continued to have steady growth, and there was also the economic bubble period.
その後、オイルショックなどもあったが日本経済は安定成長期に入り、さらにバブル景気が訪れた。

After the economic bubble collapsed in 1991, Japan entered a long tunnel of recession, but by that point I was already in my 30s.
 91年にバブルが崩壊してからは日本経済は不況の長いトンネルに入るが、そのときには私はすでに30代の社会人になっていた。

Society is not determined solely by the economy, but still, it is true that from my birth to my becoming an adult, I lived in a very well-off social environment.
経済だけが社会を決めるわけではないが、生まれてからおとなになるまで、私は非常に恵まれた社会環境の中ですごしたことはたしかだ。

Of course, I was not the only one; the same can be said of everyone in my generation.
 もちろんそれは私に限ったことではなく、同世代は皆そうだ。

Even if we had our individual problems, there was a feeling in society that "tomorrow will be better than today."
個人的にはいろいろと苦労することはあっても、「明日は今日よりもっと良くなる」というムードが世の中にあふれていた。

We had emotional breathing room, and I think we had more chance to joke and laugh with each other, enjoy music, art and other culture, than do the young people of today.
気持ちにも余裕があったので、ギャグを言いあって笑ったり音楽などのアートやカルチャーに関心を持ったりする機会は、今の若者より多かったのではないかと思う。

Now, we are in our 50s.
 そんな“お気楽な高度成長っ子”たちも、今や50代。

We have our positions at companies or government offices.
会社や役所でそれなりの地位についている。

Among my former classmates, there are people who are talking about early retirement, or about their grandchildren.
私の同級生には「そろそろ早期退職も考えている」と話す人もいる。子どもは大きくなり、孫の話なども出るようになってきた。

We talk about how we have led good lives, but then, that is always followed by something else saying, "But the world today is full of problems. Maybe our generation shares responsibility for how things have turned out."
 「私は幸せな人生を送ってきた」と語る同世代の仲間だが、最近、必ずといってよいほど次のひとことがつけ加わる。
 「でも、いまの世の中には心配なことばかり。こうなった責任は私たちの世代にもあるのではないか」

Whether it be class reunions or job-related gatherings, this subject always comes up.
 クラス会でも仕事の集まりでも、いつもこんな話になる。

While we're satisfied with our own lives, we are starting to feel our own social responsibility.
みな自分の人生には満足しながらも、「これでよかったのか」と自らの社会的な責任を感じ始めているのだ。

This is also the start of regret and guilt for not doing more for the coming generations.
それは、「もっと自分にも後の世代のためにできることがあったのでは」という後悔、罪悪感の芽生えでもある。

Maybe the younger generations would criticize us for having a good time while we were young and only saying this kind of thing now.
 下の世代からは「自分たちだけ楽しくすごして、今ごろそんなこと言うなんてずるいよ」と責められそうだ。

Still, I think it is far better than never feeling any regret about it at all.
それでも何も感じないままよりは、ずっとよいのではないかと思う。

The problem becomes, what will those people who grew up in the period of rapid economic development do now?
 そこで問題は“高度成長っ子”たちがこれから何をするか、ということだ。

We can join up with social activities that are already ongoing, or start something new ourselves.
すでにいろいろな社会活動を始めている人と力を合わせるのもよし、自分で新しいことを始めるのもよし。

I want to tell my generation: People in your 50s, now is the time to stand up and do something for the world.
50代よ、今こそ世の中のために奮起せよ。同世代にそう呼びかけたい。

(精神科医)
(By Rika Kayama, psychiatrist)
毎日新聞 2015年02月24日 地方版

|

« 日本はアジアの次の独裁国家になるのか? | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

02-英字新聞(毎日)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本はアジアの次の独裁国家になるのか? | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »