« クローズアップ2015:首相70年談話 歴史認識決着図る 随所に対中配慮 | トップページ | 終戦70年 平和の堅持へ国際協調貫こう »

2015年8月16日 (日)

戦後70年談話 歴史の教訓胸に未来を拓こう

英語学習教材として一番すぐれているのが読売です。
日英対訳で学習すれば数年でかなりのレベルまで到達できます。

The Yomiuri Shimbun
Let’s take to our hearts the lessons of history
戦後70年談話 歴史の教訓胸に未来を拓こう

 ◆反省とお詫びの気持ち示した◆

We positively evaluate Prime Minister Shinzo Abe’s statement to mark the 70th anniversary of the end of World War II for clearly showing the new course Japan will take based on its remorse for the war.
 先の大戦への反省を踏まえつつ、新たな日本の針路を明確に示したと前向きに評価できよう。

The statement was approved by the Cabinet on Friday.
 戦後70年の安倍首相談話が閣議決定された。

The statement is significant to convey to the world what Japan is doing. Explaining Japan’s perception of history properly in discussing its future will increase the trust and expectations of the international community in this country.
 談話は、日本の行動を世界に発信する重要な意味を持つ。未来を語るうえで、歴史認識をきちんと提示することが、日本への国際社会の信頼と期待を高める。

In the prime minister’s statement, “aggression,” which is considered one of the keywords, was clearly specified.
 首相談話には、キーワードである「侵略」が明記された。

Using ‘aggression’
 ◆「侵略」明確化は妥当だ

“Incident, aggression, war — we shall never again resort to any form of the threat or use of force as a means of settling international disputes,” the statement said. “With deep repentance for the war, Japan made that pledge.”
 「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない」との表現である。「先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国は、そう誓った」とも記している。

It is significant that the prime minister has clearly admitted “aggression.” This means he has adhered to the views expressed in past statements made by Prime Minister Tomiichi Murayama on the occasion of the 50th anniversary of the war’s end and by Prime Minister Junichiro Koizumi on the 60th anniversary.
 首相が「侵略」を明確に認めたのは重要である。戦後50年の村山談話、戦後60年の小泉談話の見解を引き継いだものだ。

Actions by the defunct Imperial Japanese Army after the 1931 Manchurian Incident were nothing but aggression. They also violated the 1928 General Treaty for Renunciation of War as an Instrument of National Policy, an international pact that prohibited any war except one for self-defense.
 1931年の満州事変以後の旧日本軍の行動は侵略そのものである。自衛以外の戦争を禁じた28年の不戦条約にも違反する。

Particularly, attacks on Jinzhou, a city in northeastern China, by Japan’s Kwantung Army in October 1931 were indiscriminate bombings of civilians without prior warning and constituted violations of the Hague Convention with respect to the Laws and Customs of War on Land. Targets of Japan’s air raids were expanded to Shanghai, Nanjing and Chongqing, significantly increasing the death toll of noncombatants.
 特に、31年10月の関東軍による中国東北部・錦州攻撃は、民間人に対する無差別・無警告の空爆であり、ハーグ陸戦規則に反する。空爆は、上海、南京、重慶へと対象を拡大し、非戦闘員の死者を飛躍的に増大させた。

We must never forget that the then Japanese government allowed part of the military to act on its own and ignited the disastrous war.
 一部の軍人の独走を許し、悲惨な戦争の発端を日本が作ったことを忘れてはなるまい。

“Politics must be humble to history,” the prime minister said at a press conference after reading the statement. “History must not be distorted with political or diplomatic intentions.”
 首相は記者会見で、「政治は歴史に謙虚でなければならない。政治的、外交的意図によって歴史が歪ゆがめられるようなことは決してあってはならない」と語った。

This remark was pertinent.
 的を射た発言である。

Admitting the objective fact of “aggression” is not a masochistic view of history nor will it disgrace Japan. Rather, it will increase the trust of the international community in Japan and overcome the doubts of some countries that Japan is engaged in “historical revisionism.”
 「侵略」の客観的事実を認めることは、自虐史観ではないし、日本を貶おとしめることにもならない。むしろ国際社会の信頼を高め、「歴史修正主義」といった一部の疑念を晴らすことにもなろう。

Also, the statement said, “We shall abandon colonial rule forever and respect the right of self-determination of all peoples throughout the world.”
 談話では、「植民地支配」について、「永遠に訣別けつべつし、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない」という表現で触れた。

As for people victimized in Japan or other countries by the war, the statement said, “I bow my head deeply before the souls of all those who perished at home and abroad. I express my feelings of profound grief and my eternal, sincere condolences.”
 談話は、国内外で犠牲になった人々に対し、「深く頭こうべを垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫えいごうの、哀悼の誠を捧ささげる」と記した。

This wording, which partially follows that made by a German leader, amounts to an expression equivalent to an “apology” in the Murayama statement and others. Abe’s sincere feelings were fully conveyed.
 ドイツ首脳の言葉を一部踏襲したもので、村山談話などの「お詫わび」に相当する表現だ。首相の真剣な気持ちが十分に伝わる。

Abe referred to the views of the Murayama statement and others by saying that “Japan has repeatedly expressed the feelings of deep remorse and heartfelt apology for its actions during the war,” adding, “Such a position articulated by the previous cabinets will remain unshakable into the future.”
 談話は、日本が先の大戦について「痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきた」として、村山談話などの見解に改めて言及した。さらに、「こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないもの」と明記している。

Women’s rights
 ◆女性の人権を尊重せよ

Some neighboring countries may not be satisfied with the wording of the statement. Even so, this does not mean that the statement should avoid references to remorse and apology.
 今回の表現では納得しない一部の近隣諸国もあろう。それでも、反省やお詫びに触れなくていい、ということにはなるまい。

It is important to convey the current thinking of Japan to the international community, including Europe and the United States, thereby expanding world understanding of Japan’s position.
 欧米諸国を含む国際社会全体に向けて、現在の日本の考え方を発信し、理解を広げることこそが大切な作業である。

In this sense, it was reasonable for the Abe statement to express heartfelt gratitude toward the help extended by Europe, the United States and China, among others, in the postwar period.
 その意味で、安倍談話が、戦後の日本に手を差し伸べた欧米や中国などに対する感謝の念を表明したことは妥当だろう。

The expression that “we will engrave in our hearts the past, when the dignity and honor of many women were severely injured during wars in the 20th century” is a reference to the so-called comfort women that was made out of consideration to South Korea.
 「戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続ける」との表現は、慰安婦を念頭に置いたもので、韓国への配慮だ。

As expressed in the statement, Japan is required to “lead the world in making the 21st century an era in which women’s human rights are not infringed upon.”
 談話が表明したように、「21世紀こそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリードする」ことが、今、日本に求められている。

It also emphasized that those generations who have no connection with the war must not be “predestined to apologize.”
 談話は、戦争とは何の関わりのない世代に「謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」とも強調している。

It is essential to draw the line on this issue so that Japan will not be called upon to apologize generation after generation. Understanding and self-restraint are called for on the part of China and South Korea in this regard.
 この問題に一定の区切りをつけて、子々孫々にまで謝罪行為を強いられないようにすることが大切である。中国や韓国にも、理解と自制を求めたい。

Draw line on issue
 ◆次世代の謝罪避けたい

During the news conference afterward, Abe said efforts were made to compile the statement that “can share the views of as many people as possible.” It can be said that various thoughts about historical perceptions have been aligned and condensed considerably by the statement.
 首相は記者会見で、談話について「できるだけ多くの国民と共有できることを心掛けた」と語った。歴史認識を巡る様々な考えは、今回の談話で国内的にはかなり整理、集約できたと言えよう。

Concerning the future course of Japan, the statement said, the country “will firmly uphold basic values such as freedom, democracy and human rights as unyielding values” while reflecting on the past “when Japan ended up becoming the challenger to the international order.”
 談話は、日本が今後進む方向性に関して、「国際秩序への挑戦者となってしまった過去」を胸に刻みつつ、自由、民主主義、人権といった価値を揺るぎないものとして堅持する、と誓った。

Hoisting the flag of “Proactive Contribution to Peace,” Japan must contribute to the peace and prosperity of the world more than ever before. This Japanese stance has been supported widely by Europe, the United States and Southeast Asian countries.
 「積極的平和主義」を掲げ、世界の平和と繁栄に貢献することが欠かせない。こうした日本の姿勢は、欧米や東南アジアの諸国から幅広く支持されている。

While listening to the “voices of history,” Japan must open itself to the future.
 「歴史の声」に耳を傾けつつ、日本の将来を切り拓ひらきたい。

(From The Yomiuri Shimbun, Aug. 15, 2015)

|

« クローズアップ2015:首相70年談話 歴史認識決着図る 随所に対中配慮 | トップページ | 終戦70年 平和の堅持へ国際協調貫こう »

01-英字新聞(読売)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クローズアップ2015:首相70年談話 歴史認識決着図る 随所に対中配慮 | トップページ | 終戦70年 平和の堅持へ国際協調貫こう »