« 米中首脳会談 「独善」で大国関係は築けない | トップページ | 難民大量流入 欧州の支援策は奏功するのか »

2015年9月28日 (月)

これからの新時代を担う新しいタイプのエネルギー業

新会社の規模としては3000万円と小さいですが、この事業が目指すものは壮大です。
デジタルテクノロジーで環境・エネルギー業界の発展を目指すRAUL株式会社が業務拡大の為、2000万円増資をして、都合5000万円の規模となります。

いままでは環境・CSR事業分野が主体でしたが、電力自由化の流れを受けて、2016年から電力自由化の推進を行います。
電力自由化 がもたらす無限の可能性に挑戦するのです。

さらに視野に入れているのはガスの自由化です。
大手だけに任せてはおけません。
電気やガスなどの生活の根幹に関係するエネルギー業は小規模会社が活躍できるまたとないステージです。

われわれ消費者としては、これらのエネルギーができるだけ安価に入手できれば、それで幸せになることができます。今後のご活躍をお祈りいたします。



デジタルテクノロジーで環境・エネルギー業界の発展を目指すRAUL株式会社が業務拡大の為、増資を行いました



ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« 米中首脳会談 「独善」で大国関係は築けない | トップページ | 難民大量流入 欧州の支援策は奏功するのか »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 米中首脳会談 「独善」で大国関係は築けない | トップページ | 難民大量流入 欧州の支援策は奏功するのか »