« 台湾と南シナ海 安定に寄与しない馬氏の訪問 | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

2016年2月 2日 (火)

「足利冬物語」の夜間演出で美しい夜景が登場

漆黒の闇に包まれる栃木県足利市で、新しいかたちのイベントが企画されます。
キーワードは「歴史」「文化」「光」です。
町おこしの一環として、足利市で始まった「足利冬物語」の夜間演出として、美しい行灯が通りを埋め尽くします。足利市では初の開催となります。
演出期間ですが、平日の2月3日(水)と、2月の毎週土・日の夜間に実施されます。

足利市の行灯は、当地の織物「足利銘仙」のデザイン柄で施されます。
美しくて高貴なデザインは、子供たちからお年寄りまでの関心をひきつけること、請け合いです。
通りを埋め尽くす足利市の行灯は、全部で80灯です。

漆黒の闇に包まれる栃木県足利市で、美しい行灯が織りなす美しい夜景は、訪れる人々の心を和ませてくれるでしょう。
なぜならば、夜景には、傷ついた人々の心をいやす働きがあるからです。
足利市の足利銘仙灯り (行灯)は一見の価値があります。



新たな夜景で町おこし。「歴史」「文化」「光」で情緒豊かな街の夜を。夜間活性化に向けて、栃木県足利市で「足利銘仙灯り」イベントが初開催!



ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« 台湾と南シナ海 安定に寄与しない馬氏の訪問 | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾と南シナ海 安定に寄与しない馬氏の訪問 | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »