« 新しい発想の転換が生み出した、異次元加齢臭対策 加齢臭対策スプレー『薬用 DEO 35』 | トップページ | Bodies of Dhaka terrorist attack victims arrive in Japan »

2016年7月 4日 (月)

日本の経費精算業務は、いま、合理化の岐路に立たされています

日本の出張・経費管理クラウドのリーダーはコンカーという会社ですが、つい最近、素晴らしい調査結果を発表しました。
サラリーマンの経費精算 に関する実態調査」の結果と考察が発表されたのです。

日本の経費精算業務では、いまだに、昔ながらの、領収書の糊付け作業がなされていますが、サラリーマンの、なんと7割もの人たちが、その作業をめんどうであると感じています。
ただ、めんどくさいだけならば良いのですが、そのために莫大な費用が掛かっているというではありませんか。

これからの経費精算業務は、例えば、コンカーが主導する、クラウド上の経費精算システムを上手に活用することが必要です。
ある試算によれば、それらの合理化がなされれば、年間で数兆円もの経費削減につながるといわれています。
アベノミクス政策でも、この点を見逃すことはありません。
日本の経費精算業務は、いま、合理化の岐路に立たされています。



ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« 新しい発想の転換が生み出した、異次元加齢臭対策 加齢臭対策スプレー『薬用 DEO 35』 | トップページ | Bodies of Dhaka terrorist attack victims arrive in Japan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい発想の転換が生み出した、異次元加齢臭対策 加齢臭対策スプレー『薬用 DEO 35』 | トップページ | Bodies of Dhaka terrorist attack victims arrive in Japan »