« 競馬ファンには朗報ではないでしょうか | トップページ | ヨーロッパや北欧の美しい木材には人の心を癒す働きがあります »

2018年5月 7日 (月)

子供たちと一緒に海賊遊びをしたくなりました

写真を見て一発で気に入りました。

SUP(スタンドアップパドル)という遊びです。

若い頃はサーフィンが大好きでしたが、高齢者の域に達してからは、サーフィンはもう無理です。

ですが、このSUP(スタンドアップパドル) であれば、65歳以上の私でもできると確信しました。

一時帰国の際には、みなとみらいの会場施設、横浜港ボートパークてお出かけして、実際に子供子供達が遊んでいるのを見たいものです。


ウィンドサーフィンはかなりの力と技術とが必要です。

高齢者でも、できないことはないですが、運動量的に、ちょっと無理ではないかと感じた次第です。

SUP(スタンドアップパドル)だったら、ウィンドサーフィンのように力を使うこともないでしょう。

技術としては、板の上に立つ、バランス感覚だけではないでしょうか。

これなら私でもできます。

日本に戻って、子供たちと一緒に、海賊遊びをしたくなりました。

本当の話なんです。
横浜でSUP なんて、とても素敵なアイデアではありませんか。


以下は、関連サイトから情報を引用いたしました。


biid株式会社(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:松尾 省三、以下ビード http://www.biid.jp/ )が、みなとみらいの海上施設横浜港ボートパーク(横浜市西区みなとみらい、 http://www.boatpark.yokohama )の再生、有効活用事業と運営に着手し、会員募集を目的に、5月3日~5月下旬予定のグランドオープンまでの期間で、完成前の施設の限定公開を開始しました。





biidみなとみらいの横浜港ボートパークの再生事業に着手 ~SUPとボートを活用した、新たな海の集客施設をプレオープン~



ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« 競馬ファンには朗報ではないでしょうか | トップページ | ヨーロッパや北欧の美しい木材には人の心を癒す働きがあります »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 競馬ファンには朗報ではないでしょうか | トップページ | ヨーロッパや北欧の美しい木材には人の心を癒す働きがあります »