« iPad Pro 12.9 インチ用のガラスフィルム ブルーライトカット版が新発売 | トップページ | iPad Pro 12.9 インチ 硬質ガラスフィルム透明板新発売 »

2019年4月15日 (月)

ピンチをチャンスに変えるのがAI実装検定です

あまりにも少子高齢化が進んでしまって、切り札の円安政策にも限界が見られるようになりました。
ここは、発想の転換が必要な場面です。
ピンチをチャンスに変える手段があるからです。
例えばAI実装検定があります。

AIを実装するスキルを測定する入門者向け資格試験【AI実装検定】が誕生しました。
日本は世界の中でもこの分野ではおくれをとっているようです。
すでに会社を退職している人たちの中にも、AIスキルに長けている人は見受けられます。
これらの高齢者を巻き込んで、日本の経済回復を実現するのが、良い手段ではないでしょうか。

まして、退職した会社がコンピュータのプログラミング専門の会社だったりしたら、その技術を生かさない手はありません。
団塊世代にも、現場に戻ってきてもらい、日本の経済を活性化させるための助力くらいはできるはずです。
AI実装検定 は、決して難しい試験ではありません。
まずは、動き出すことから始めてはいかがでしょうか。

 

AIを実装するスキルを測定する入門者向け資格試験【AI実装検定】が誕生

 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« iPad Pro 12.9 インチ用のガラスフィルム ブルーライトカット版が新発売 | トップページ | iPad Pro 12.9 インチ 硬質ガラスフィルム透明板新発売 »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPad Pro 12.9 インチ用のガラスフィルム ブルーライトカット版が新発売 | トップページ | iPad Pro 12.9 インチ 硬質ガラスフィルム透明板新発売 »