« 大分市の鶴崎でラグビーの国際試合が予定されています | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

2019年10月 3日 (木)

残された家族のためにデジタル遺品を用意しておくこと

これはまことにもって難しい問題です。
デジタル遺品をどうするかという問題なのです。
私たちが毎日何気なく利用している SNS サイトなどでは、ログインをしなければファイルの中身を操作することはできません。
そこが大きな問題なのです。

人間はひとたびこの世に生まれ落ちれば、やがて一度は天国に召されます。
その時に現代人として注意すべき点があります。
膨大なデジタル遺品をどうするかという問題です。
デジタル遺品を有効利用するためには、メールアドレスや暗証番号が絶対に必要です。
それがないとデータを有効利用することができません。

こんな状態では私たちは安心して天国に向かうこともできません。
その前にしっかりとした手当てをしておく必要があります。
あるんです。
そんな夢のようなサービスがあります。
デジタル遺品のサイトを使えば、そんな夢が叶います。
残された家族たちもそれで安泰ではないでしょうか。

あなたも残された家族のために、デジタル遺品を残してみませんか。
おすすめです。

 

「6割以上の人が必要と思っていても、今はやらないデシタル終活」?~オンラインデジタル終活サービスDigital Keeperが試用期間を1ヶ月延長し入会金無料キャンペーン開始

 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« 大分市の鶴崎でラグビーの国際試合が予定されています | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

06-アドセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大分市の鶴崎でラグビーの国際試合が予定されています | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »