« Happy life withコロナでどうでしょうか | トップページ | オフショア開発というキーワードが私の目に飛び込んできました »

2020年7月 8日 (水)

夜景観光の資格を取得しておくことの意味

これは大変驚かされました。
夜景に関する資格が一つに統一されようとしています。
今まで日本の夜景観光を促進してきたのが、夜景観光コンベンションビューローです。
長きに渡り夜景に関する二つの資格を管理してきました。
ひとつは11年続いてきた夜景鑑賞士検定です。
そしてもう一つが5年間続いているイルミネーション検定です。
これら二つの夜景に関する資格が一つの資格に統一されようとしています。
夜景検定の資格を一つに統一することには、理由がありました。

今日本をはじめ世界中がコロナパンデミックスで大変なことになってきています。
日本を含め、観光の事業は衰退の一途をたどっているようです。
そうではありません。
コロナパンデミックスは永久に続くわけでありません。
スペイン風邪の場合を見てもそれは理解できます。

今のうちから日本の夜景観光も力を注いでおくべきではないでしょうか。
そういう意味ではこの年末に夜景観光の資格を取得しておくことの意味はとても大きいということができます。

~新たな観光のプロフェッショナルを目指しませんか~ 第2回『夜景観光士検定』受験者を募集します!新型コロナ感染症の影響で大打撃を受けている観光業界復興の一助を担うことを使命に実施を決定しました。

 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« Happy life withコロナでどうでしょうか | トップページ | オフショア開発というキーワードが私の目に飛び込んできました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Happy life withコロナでどうでしょうか | トップページ | オフショア開発というキーワードが私の目に飛び込んできました »