« 夜景観光の資格を取得しておくことの意味 | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

2020年7月 9日 (木)

オフショア開発というキーワードが私の目に飛び込んできました

バブルの全盛期時代ですが、民間建設会社から抜擢されて海外で働くことになりました。
その時に大きな経験をしました。
それは人件費の高い日本人をできるだけ排除して、現地の優れた人材を安く使うということです。
そのためにどれだけ利益を上げられたか知れません。

オフショア開発というキーワードが私の目に飛び込んできました。
分野は違うのですが、やることは全く同じ趣旨です。
優秀な海外のスタッフを使ってできるだけ人件費を節約しようという手段です。

オフショア開発では求めるのは it エンジニアです。
例えば東南アジアには優れた it エンジニアたちがたくさん存在します。
そして彼らは日本人の1/10くらいの給料で働いてくれます。
彼らの力を借りて利益をあげようではありませんか。

ただいまオフショア開発の個別相談会が行われています。
さらにお試し10万円キャンペーンが用意されています。
世界中がコロナで大変なことになっていますが、このような時にこそオフショア開発に目を向けるべきではないでしょうか。
お勧めいたします。

 

【オフショア開発個別相談会】と【お試し10万円キャンペーン】のご案内

 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« 夜景観光の資格を取得しておくことの意味 | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜景観光の資格を取得しておくことの意味 | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »