« 英検の二次面接試験は準備が大切です | トップページ | 現代の竹取物語に壮大なロマンを感じさせられました »

2020年11月 2日 (月)

商店街に登場するシェアキッチンは日本初登場です

これは驚きました。
シェアハウスというのは聞いたことがありますが、シェアキッチンというのは初めて聞きました。
どちらも建物を共有して使うと言う意味では全く同じです。
大阪で初めて誕生したシェアキッチンはコーヒー喫茶店向けのものとなります。

折しも日本はコロナで大変なことになっています。
こんなピンチの状況をチャンスに変えてみるのも良い試みではないでしょうか。
若い人たちを中心にして、喫茶店をやりたいという人が増えてきています。
それらの人たちには資金力がありません。

シェアキッチンならば資金面でも、それができるかもしれません。
複数の所有者で費用を分担するのでそれが可能となるのでしょう。

大阪の駅ビルの中の商店街に登場するシェアキッチンは日本初登場です。
大いに期待できるのではないでしょうか。
コロナに負けないような立派な喫茶店をつくってもらいたいと思いました。

 

「日本初!みんなで作る、駅ビルの中の商店街」 コロナ禍の中、夢を追いかける方たちのために。小さく始めるシェアストア。

 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« 英検の二次面接試験は準備が大切です | トップページ | 現代の竹取物語に壮大なロマンを感じさせられました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英検の二次面接試験は準備が大切です | トップページ | 現代の竹取物語に壮大なロマンを感じさせられました »