« 画期的なペットシャンプーが年末に日本で発売されます | トップページ | アメリカ大豆輸出協会の果たす役割 »

2021年9月 8日 (水)

新しい時代の土地活用 トレーラーハウス事業

コロナパンデミックで日本も大変な状態ですが、このようなときには、ピンチをチャンスに変えるという発想が絶対に必要です。
土地活用のひとつですが、トレーラーハウスを活用するという手段があります。
何より嬉しいのが、トレーラーハウスは車両として考えられますので、固定資産税や不動産取得税がまったくかかりません。

新しい時代の土地活用として近年にわかに注目を集めてきているのがトレーラーハウス事業です。
愛知県豊田市ですが、トレーラーハウスのモデルルームが一般公開されるようです。
10月8日から無料相談の受付が開始されますので、興味のある方は豊田市を訪問されてみてはいかがでしょうか。

コロナは当分続きそうな気配ですから、ビジネスの戦略を変えなければなりません。
トレーラーハウスビジネスはコロナの厳しい時代にも対応できるという素晴らしい面を持っています。
モデルルームを訪問して、その可能性を確認してみるのも良いことではないでしょうか。

 

新しい土地活用として注目のトレーラーハウスのモデルルームを一般公開!10月8日から無料相談の受付開始

 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

|

« 画期的なペットシャンプーが年末に日本で発売されます | トップページ | アメリカ大豆輸出協会の果たす役割 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 画期的なペットシャンプーが年末に日本で発売されます | トップページ | アメリカ大豆輸出協会の果たす役割 »