« 今日のイチオシDreamNews | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

2022年9月28日 (水)

AI を使って画期的なプログラムが開発されました

これには驚きました。
人工知能 AI を使って、また画期的なプログラムが開発されました。
児童相談に関する文章を読み込むと、一時保護に関する情報を学習した過去のモデルケースにより、対象児童に保護が必要かどうか自動的に判断してくれるという素晴らしい仕組みです。

児童虐待を防止するための切り札として期待されているようです。
2022年9月5日に特許申請が出願されています。
もっと具体的に言えば、対象児童の一時保護の必要性の有無や程度が判定できるプログラムということです。

この画期的なシステムの開発により、児童相談所における職員の業務負担減を図ることができますが、重大な児童虐待の発生防止に貢献できるのではないかと考えられています。
「政策基礎研究所」という、官公庁や大学といった公的機関の調査研究業務を数多く手掛けているシンクタンクが、この画期的なプログラムを開発しました。

 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

 

 

|

« 今日のイチオシDreamNews | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のイチオシDreamNews | トップページ | 今日のイチオシDreamNews »