火災保険

2012年9月 1日 (土)

火災保険の口コミ情報サイトを検証する 火災共済を選んだ40代男性の声

例えば団地の集合住宅にお住まいの方だったら、火災保険については個人加入よりも、団地の管理組合で一括して契約する火災共済のほうが、戸別の掛け金は安く済むと思います。火災共済の口コミ情報、火災共済を選んだ40代男性の声というサイトに遭遇し、記事を読んだ後にそのように感じた次第です。サイトで私が得ることが出来た知識を披露いたします。

共済は、例えば生命保険では団体生命に相当すると思います。
会社で一括して契約し、社員の事故・病気に備えるためです。
私も知らないうちに会社の共済(生命保険)に加入させられていたことがあります。
それは、掛け捨て式の生命保険で、毎月の掛け金はもちろん会社が負担いたしました。

金融商品の自由化とあいまって、保険関連商品の自由化も大幅になされております。
で、新手の共済商品も、どんどん新しいものが生まれたわけなのです。
共済関連商品は三種類です。人、車、家です。
会社等の組織で、まとめて加入するので掛け金が安くて済みますが、反面、個々のニーズに対応出来ないというデメリットもございます。

個人にしろ、共済にしろ火災保険を掛けて置くことは、災害大国日本では避けることが出来ません。
共済で大きな部分をカバー、個々のニーズに対しては個人で火災保険に加入するということだって出来るので、ここは、起こり得るリスクとの相談となるでしょうね。人それぞれだと思います。ちなみに私はゴルフ保険です^^。

火災共済の口コミ情報 で予備知識を仕入れました。

| | コメント (0)

2012年8月31日 (金)

玉石混在の火災保険 あなたはどの保険会社を選びますか

個人的には余り好きでありませんでしたが、元小泉首相と竹中平蔵金融担当大臣のコンビは、金融関連で様々な自由化を達成されました。中でも大きな改革はデリバティブと呼ばれる金融派生商品の自由化です。
一介の主婦が家事の合間にFXで億単位の大儲けをしたのですが、納税していなかったので大問題となったのは人々の記憶に新しいところでしょう。これも、金融商品の自由化の恩恵だと言うことが出来ます。

同じように、保険関連も大幅に自由化がなされました。
有り余る日本の資金力は、実は、団塊の世代以上がその80%ほどを所有していますが、資金は流動させなければ経済は回りません。それを促すのが自由化の狙いですが、資金の流動化とか流動性という言葉で表現されます。語源はもちろん米語(アメリカ英語)なのです。

で、保険関連商品も、ついに目をつけられてしまい、現在のように玉石混在状態となってしまったのです。ですから、保険を選ぶ際には、昔と違って、被保険者側の選ぶ目が要求されるようになりました。できれば、玉石ではなくって、その中からダイヤモンドを発掘したいものですね。

サイトで保険関連をブラウズしていたら、ちょっと風変わりなサイトに遭遇いたしました。
「火災保険の激安サイト!ここに激安の火災保険があったわ」 というサイトです。
このサイトは老眼の私にとっては文字が大きくて読みやすいので大助かりです。
サイトは簡潔で、その骨子は、如何にして出来るだけ安い火災保険を選ぶのかということです。

火災保険で家計を節約するためのテクニックにつき、一戸建ての場合とマンションの場合とに分かれて掲載されているので大変に分かりやすいのです。
サイトを全部読みましたが、私のお勧めは水害保険の除外申請です。
通常火災保険は、全体の20%ほどが水害保険で占められています。

水害の恐れの全くない高台の一戸建てやマンションの2階以上に住まわれている方にとって、水害保険は不必要ですね。それで、保険金額の20%は節約出来ます。

ダイヤモンドと言えば、私のダイヤモンドは火災保険なら東京海上です。

| | コメント (0)

2012年8月30日 (木)

火災保険は様々な会社のものがあります ネットで各社の見積もり比較ができます

今朝は、火災保険というものの本質を見直せるようなサイトのご案内をいたします。
それは、火災保険の情報サイト!、“大人”の安い火災保険 です。

まず、我々を取り巻く日常生活上のリスクについて考えて見ました。
火災保険というくらいですから、まず、頭に浮かぶのは火災です。
火災保険は、火災以外に様々な自然災害に対処すべく、実に様々な物件がございます。
例えば、台風災害補償、落雷による被害補償、水害被害補償などです。

火災保険の保険料(掛け金)は、これらの補償内容によって大きく異なって来ます。
火災保険に加入する前に、契約書をよく読み、その補償内容を細かに検証することが節約につながります。

火災保険の補償内容として、あまり知られていないものを、私が知っている範囲でお知らせいたします。

1) 盗難による被害補償
2) 隣の家の出火が原因で消失した我が家の補償
3) ゴルフ場でボールを人に当てた、あるいは当てられたときの補償

このほか、契約書に記入するだけで、ありとあらゆる種類の補償を受けることも、あながち夢ではありません。

要は、人それぞれ。

その人が必要とする補償内容だけで契約するのが、毎月のプレミアム(掛け金)を安く済ませるコツなのです。

火災保険には様々な会社のものがありますが、今は、ネットで各社の見積もり比較が簡単に出来ます。

火災保険の情報サイト、”大人”の安い火災保険 に”大人”のための安い火災保険情報が満載です。

| | コメント (0)

2012年8月29日 (水)

火災保険は人任せにせず自分で検討してから決断し加入するのが良いようです

今から35年も前の話ですが、私はもう少しで30歳と成るところでした。
20代で家を持つというのが私の夢でしたので、その夢を叶えるべく、妻と二人三脚で努力いたしました。30歳になる直前で、当時の住宅金融公庫の融資を受ける事が出来、長年の夢は達成されました。

新築住宅ですから、当然火災保険もセットになっていて加入させられたような記憶が残っていますが、定かではありません。一つだけ言えることは、私自身がアグレッシブに火災保険につき研究した覚えが全くないという事実なのです。大方の新築住宅購入者は私と同じように、セットで火災保険に加入した人が多いのではないでしょうか。
もし、間違っていたらお許し下さい^^。

今朝、火災保険ランキングというサイトを訪問して、火災保険の本質に迫るべく読みあさりました。掲載情報によると、火災保険というのは実に様々な種類があるのですね。驚きました。通常の火災保険ですが、水害保険込みの契約となっています。
例えば、集合住宅の4階や5階の人だったら、間違っても水害で被害を受けることはありません。

火災保険は、その保障項目を絞り込むことにより、掛け金を大幅に節約することができるのです。
家財 火災保険は人任せにせず自分で検討してから決断し加入するのが良いようですね。

| | コメント (0)

2012年6月15日 (金)

賢い節約術は火災保険ランキングサイトをチェック!

火災保険 というものはその保障期間により月々の掛け金の割引率が変わってくるようです。例えば、保障期間がが10年だと10%も掛け金がディスカウントされます。
日本の銀行金利はゼロですから貯金していてもなんの足しにもなりませんね。
そうなると、残る手法としては出る方を制限するしかないのではないでしょうか。
火災保険というものはなるべく長期で契約するのが節約するためのコツなのです。

また、火災保険は保険会社各社でその保障内容がまちまちです。
火災保険は普通水害保険が全体の20%を占めます。この水害保険分への支払いは取り戻せるかもしれません。
例えば、あなたが団地の5階に住んでいると仮定します。
そこは大雨でも洪水被害は全くありません。
この場合、火災保険会社に書類で申請すれば、水害保険分の金額は返済されます。

火災保険は火災保険 ランキングサイトで比較して極力節約しましょう。

| | コメント (0)

2012年4月18日 (水)

一番安い火災保険はインズウェブで見積もり比較をして選べます

最近の政権党民主党の動きを見ていると本当にこれで大丈夫かなって気がします。
景気対策のやり方というものを恐らく理解していません。景気を良くするためにはアメリカのオバマ大統領ほどの人でも歯を食いしばって必死でやっています。日本の政治家にはそのような人は見受けられませんね。残念ですが。

こんな時代ですから家計の節約のためには出る方を押さえるしかないのです。
考えられる限りの節約術を駆使するしか方法がないのです。入る方が制限されていますからね。

で、火災保険を見直すことでかなりの節約ができますよ。
火災保険というものは実に様々な場面に対応しているのですね。正直驚きました。
インズウェブのこんなときに使える火災保険100事例にたくさん実例が掲載されています。

例えば水害保険ですが、私たちが毎年支払っている火災保険料には水害のための保険料も含まれているのです。具体的には火災保険の保険料の約20%の金額は水害保険です。

例えば、あなたがマンションの上層階に住んでいるとか、水害が発生しない高台に住んでいる場合でも、この水害保険も併せて支払っているということです。必要がないのにもったいないですね。

で、この水害保険部分は請求すれば保険金が還付されるということらしいです。
25年分の水害保険分相当で約10万円が取り戻せるかも知れませんよ。

インズウェブの無料の見積もりサービスで調べることができます。

| | コメント (0)

2012年1月27日 (金)

火災保険はインズウェブで見積もり比較をして、一番安いものを選びましょう

民主党が政権を奪取してからすでに2年以上が経過しましたが、マニフェスト通りにはまったく行っていませんよね。
失業率は6%と高止まり、景気は沈滞し、円高、貿易収支の赤字で日本丸はめった打ち状態なのです。
こんな時代ですから、これはもう節約術を駆使するしかないですね^^。
火災保険を見直すことでかなりの節約ができますよ。
スラチャイがサイトで調べて来ました。

火災保険というものは色んな事故に対応しているのですね。驚きました。
インズウェブのこんなときに使える火災保険100事例にたくさん実例が掲載されています。
で、今回の新発見ですが、私たちが毎年支払っている火災保険料には水害のための保険料も含まれているのです。具体的には火災保険の保険料の約20%の金額は水害保険なのです。

例えば、あなたがマンションの上層階に住んでいるとか、水害が発生しない高台に住んでいる場合でも、この水害保険も併せて支払っているということです。
で、この水害保険部分は請求すれば保険金が還付されるということらしいです。
25年分の水害保険分、約10万円が取り戻せるかも知れませんよ。
これを見逃す手はありません。

インズウェブの無料の見積もりサービスで調べてみてくださいね。

(情報源はスラチャイ作成の記事です)汗;

| | コメント (0)