srachai

2016年7月 9日 (土)

part of my lifework as a musician

Coffee Break (wma file 01 to 13)
I will present my favorite wma music to those who might be tired in editing postings.
I play classical guitar and the attached wma music are for classical guitar except no.1, romance by Faure.
Thank you.

一番上の曲はフォーレが若干18才のときに作曲したピアノ曲ですが、この世のものとは思えないくらい美しいです。で、ギターに世界ではじめて編曲しましたが、演奏はきわめて難しく、しかも下品な編曲となりました。それで、ここではギター編ではなくてピアノのオリジナル譜で掲載いたしました。

2~13番目はスラチャイが脳梗塞を発症する直前のお気に入りギター曲ですが、編曲、運指はスラチャイが納得いくまで何度も書き換えて作成したものです。特に11番目の無伴奏チェロ組曲6番は全曲通して演奏されることはチェロでは当り前でもギターではまれだと思います。二年間ほど、編曲に没頭しましたが、無伴奏チェロ組曲全6曲と無伴奏バイオリンソナタ、パルティータ全6曲をすべて編曲いたしました。楽しい作業でしたね。

クラッシクギターの響きを楽しんでもらえば幸いです。家族の騒音が混入してはいますが。

スラチャイ
 
(1) Romance by G.Faure (France) 
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/01.wma
   
(2) Yesterday by the Beatles (England)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/02.wma
   
(3) Killing me softly with his song by words:norman gimbel music:charles fox (U.S.A. ?)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/03.wma
   
(4) Un Sueno En La Floresta by Agustin Pio Barrios Mangore  (1885-1944)(Paraguay?)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/04.wma

このファイル04.wmaは5Mbを超えているのでHPサイトにアップロードできません。
以下のリンクからDLして聴くことができます。ファイルサイズは5.2Mbです。
↓   
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-psqhmu5xryrm6kgdldrwmcf56a-1001&uniqid=87a4f1ad-a4e2-475a-af18-1e28ecfa0d64&viewtype=detail

(5) Angostura-Vals Venezolano(Venezuelan Walts) by Antonio Lauro  (1917-1986)(Venezuela)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/05.wma
   
(6) Pavane-Capricho, Op.12 (Guitar arr. by Tarrega) by ALBENIZ, Isaac (1860-1909) (Spain)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/06.wma
   
(7) Sor-study no.19 (selected by Andress Segovia) op.29-no.13  by Fernando Sor (1778-1839)(Spain)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/07.wma
   
(8) Pavane for a Dead Princess by Joseph Maurice Ravel  (1875-1937)(France)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/08.wma
   
(9) Dedicatoria by Enrique Granados  (1867-1916) (Spain)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/09.wma
   
(10) Prelude No 5 - A419/5 ? by Heitor Villa-Lobos  (1887-1959) (Brazil)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/10.wma
   
(11) Js Bach-suite for unaccompanied cello no.6 in D, bwv 1012 by Johan Sevastian Bach  (1685-1750) (Germany)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/11.wma

このファイル04.wmaは5Mbを超えているのでHPサイトにアップロードできません。
以下のリンクからDLして聴くことができます。ファイルサイズは18.1Mbです。
↓   
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-psqhmu5xryrm6kgdldrwmcf56a-1001&uniqid=098d246f-e2f0-400c-af87-5d4ade7441be&viewtype=detail
   
(12) Pastral by Joaquin Rodrigo  (Joaquin Rodrigo)  (1901-1999)(Spain)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/12.wma
   
(13) Prelude no.1 by Manuel Maria Ponce  (1882-1948)(Mexico)
http://www.geocities.jp/kiyoshimat2000_6/coffee_break/13.wma

| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

It's Time for Japan to Punish Tepco いまこそ東電を罰すべし!

cite from Bloomberg View

It's Time for Japan to Punish Tepco
いまこそ東電を罰すべし!

まったくひどい話ですが日本では報道されていないのでは?
翻訳抜けの部分は、補っておきました。( )内です^^。
(by srachai)

Bloomberg View Mar 10, 2015 6:05 PM EDT
It's Time for Japan to Punish Tepco
震災から4年、東京電力はまだ罰を受けていない-Wペセック

By  William Pesek   
【コラムニスト:Willie Pesek】  

Fishermen trawling the waters off Japan's eastern coast have been alleging for a while that radioactive water was again spilling into the Pacific from the Fukushima power plant that melted down after a massive earthquake in 2011. On Feb. 24, Tokyo Electric Power Co., which is responsible for the site, admitted those suspicions were justified. And it turns out that Tepco knew about this latest radioactive leak since last May -- and the giant utility said nothing for almost a year.
東日本大震災から4年、福島県沖を漁場とする漁師らは、福島第一原子力発電所から再び汚染水が太平洋に流出しているのではないかとしばらく前から疑っていた。漁師らの疑いが正しかったことは2月24日に明らかになったが、東京電力は昨年5月から高濃度の放射性物質を含む汚染水の問題を把握していた。つまり、1年近くにわたって口を閉ざしていたわけだ。

In the 15 days since Tepco finally confessed, have investigators raided its Tokyo headquarters? Have regulators demanded that heads roll? Has Prime Minister Shinzo Abe used his bully pulpit to demand accountability from the company that gave the world its worst nuclear crisis since Chernobyl? In any other major democracy, those steps would have been obvious. But none have occurred in Japan. And that raises troubling questions not just about Tepco's corporate governance, but the rampant cronyism enabling it.
汚染水流出を認めてから2週間余りが経過したが、東京電力本社で立ち入り検査が行われただろうか。あるいは当局は厳重な処罰を求めただろうか。チェルノブイリ以降で最悪の原発事故を起こした同社に対し、安倍晋三首相は説明責任を要求しただろうか。民主主義国家ならば、そうした措置が講じられるのは明らかだろう。ところが日本では一切そうした行動は取られていない。ここで持ち上がってくるのは、東京電力の企業統治のみならず、こうした状況を許している「原子力ムラ」の事なかれ主義というやっかいな問題だ。

When he took office in December 2012, Abe pledged to make corporate executives more accountable to international codes of conduct. In August 2013, he had a perfect chance to show his mettle. At the time, Tepco was still the butt of international criticism for its handling of the aftermath at Fukushima. Abe -- concerned that the bad press would affect Tokyo's campaign to host the 2020 Olympics -- declared his government would push Tepco aside and handle the cleanup efforts directly.
安倍首相は12年12月の就任時、国際的な行動規範に準じた企業の説明責任を高めると約束し、13年8月には「汚染水対策は喫緊の課題」として国が対策の前面に出る方針を表明した。首相は当時、2020年のオリンピック東京招致活動への影響を心配したのだろう。

It was all for show. Abe's government never intervened, and Tepco stayed in charge. Four years to the day since the earthquake, Fukushima is still leaking; 120,000 people remain displaced; and Tepco's opacity and incompetence are unchanged. The company's obfuscations "tell us all we need to know about its resilient corporate culture of irresponsibility," says Jeff Kingston, director of Asian Studies at Temple University in Tokyo. "It has not changed its stripes. The decommissioning efforts have been shambolic, it's still incompetent and negligent and has a very deep hole to climb out of in trying to regain any public trust."
全ては見せ掛けだった。安倍政権による介入は一度もなく、東京電力に対応が任されたままだ。震災から4年が過ぎても、汚染水の流出は続き、県内ではなお12万人が自宅に戻れていない。そして東京電力の不透明な体質と無能さは変わらない。テンプル大学日本校のジェフ・キングストン教授は東京電力の曖昧な態度について、「無責任という根強い社風の全てを物語っている。全く変わっていない」と語る。

原子力ムラ

How does Tepco get away with it? It's protected from on high by the "nuclear village," Tokyo's answer to the military-industrial complex that is said to hold sway in Washington. This alliance of pro-nuclear politicians, bureaucrats and power companies promotes reactors over safer forms of energy like solar, wind or geothermal, and works to shield utilities from competition and global standards. (That's how Tepco got away with consistently doctoring its maintenance reports for Fukushima and putting all of its backup generators underground in a tsunami-prone area.) Even after the Fukushima disaster, national nuclear regulators seemed more concerned about restarting Japan's 48 remaining reactors (all of which have been shut down in the interim) than neutralizing the one contaminating the northeast of the country.
この状況がなぜ許されるのだろうか。それは東京電力が原子力ムラに守られているからだ。原発推進派の政治家や官僚、電力会社が寄り集まって再生可能エネルギーよりも原発促進を優先させ、さらに競争や世界的な基準から国内の電力会社を守ろうとする。
(以下数行翻訳抜けです^^)(福島原発事故以降も、原子力規制委員会は停止中の48原発の再稼働を目指しているみたいです。)

Tokyo was a scary place to be in March 2011 amid Fukushima's triple meltdown. Most frightening, though, was the utter lack of transparency from the authorities. Tepco's then-president Masataka Shimizu gave maddeningly contradictory accounts of events at Fukushima. Two months later, Shimizu took the fall for Tepco sending radiation clouds Tokyo's way. Tepco's idea of a new start was to replace him with a 36-year company veteran. Four years on, it's still an open question whether Tepco, or the economy that spawned it, has learned anything.
福島でメルトダウン(炉心溶融)が起きた11年3月、東京に住んでいて恐ろしい思いをした。何よりも恐ろしかったのは当局の透明性欠如だった。東京電力の清水正孝社長(当時)の説明は矛盾だらけで、事故から2カ月後に責任を取って退任が発表されたものの、その後任は同社に36年前から勤めるベテラン幹部だった。あれから4年、東京電力と同社と結託した日本経済が何かを学んだのか、今だに分からない。

"I find it galling that not only was Tepco never punished for constructing reactors well below the tsunami warning markers, thereby worsening the effects of the quake and tidal wave, but was even allowed to raise its rates to make the consumer pay for the cleanup costs," says Robert Whiting, author of “Tokyo Underworld.”
米国人ジャーナリストで「東京アンダーワールド」の著者、ロバート・ホワイティング氏は「津波警戒ラインより低い位置に原子炉を建設し、地震と津波による被害を増幅させた東京電力が罰せられないばかりか、電気料金を引き上げて後始末のコストを消費者に負担させることまで許されたのは腹立たしい」と述べた。

Even in the context of Japanese cronyism, it's astounding that nobody at Tepco has gone to jail. Criminal proceedings against Japan's business titans aren't unprecedented. Executives of the optics manufacturer Olympus were arrested over a 2011 fraud scandal. Internet entrepreneur Takafumi Horie and well-known fund manager Yoshiaki Murakami got locked up for insider trading. But Tepco's executives continue to enjoy a get-out-jail-free card, courtesy of the Tokyo establishment.
実際、(原子力ムラの構図を考慮しても、)同社で誰も刑務所行きになっていないのは驚きだ。日本の大物企業人に対する刑事上の手続きに先例がないわけではない。オリンパスの損失隠し事件では同社幹部が逮捕されたし、別の事件では堀江貴文ライブドア元社長も村上ファンドの村上世彰・前代表も服役した。それなのに(東京電力の大きさに敬意を表し)東京電力の幹部はこれを逃れている。

At the very least, Tepco's senior management should be fired without pensions and face charges from prosecutors. The company should also be nationalized. (Taxpayers are bearing the costs of Tepco's negligence anyway.)
(最低限でも、東電の重役たちは解雇されるべきだ。年金なども支払う必要はない。検察側の訴追を受けるべきなのだ。東電は国有化されるべきだ。東電の失敗のしりぬぐいをさせられているのは税金を支払っている国民なのだ。)

Abe's desire to eliminate the cronyism endemic to Japan Inc.  is laudable. It would make the economy more productive vibrant, productive and attractive to overseas investors.  He should start by bringing the most egregious offender to justice. I'm sure the Fukushima fishermen will be happy to testify.
日本株式会社にはびこる縁故主義を一掃したいという安倍首相の意欲はあっぱれだ。それによって経済は活性化され、生産性を上げ、海外からの投資先としての魅力が増すだろう。まずは、最も甚だしく正義を踏みにじった者を裁くことから始めてはいかがだろうか。福島の漁師らは喜んで証言台に立つだろう。

(ウィリアム・ペセック氏はブルームバーグ・ビューのコラムニスト です。このコラムの内容は同氏自身の見解です)

To contact the author on this story:
  William Pesek   at wpesek@bloomberg.net
記事に関する記者への問い合わせ先:東京 Willie Pesek wpesek@bloomberg.net

To contact the editor on this story:
  Cameron Abadi   at cabadi2@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先: Cameron Abadi cabadi2@bloomberg.net

原題:It’s Time Japan Finally Punished Tepco Executives: William Pesek(抜粋)
更新日時: 2015/03/12 08:30 JST (翻訳文掲載)

| | コメント (0)

2015年2月28日 (土)

日本はアジアの次の独裁国家になるのか?

FEB 20, 2015 9:00
cite from bloomberg view.com

Is Japan Asia's Next Autocracy?
日本はアジアの次の独裁国家になるのか?
By Noah Smith

Earlier this year, I highlighted a troubling trend in many countries around the world -- the move toward illiberal government and away from human rights. Unfortunately, Japan is catching the bug.
今年初め私は世界各国における政権の反自由主義的な動きと、人権軽視という心傷む傾向につい書いた。残念ながら、日本はこの危うい流れに追いつきつつある。

This might seem like a strange claim.
これは奇妙な言いがかりに聞こえるかもしれない。

Prime Minister Shinzo Abe has implemented some liberal policies, such as a push for equality for working women, and he has championed increased immigration.
というのは、安倍晋三首相はこれまでいくつかの自由主義な政策(女性労働者への平等な扱いの推進など)を実行してきており、移民受け容れにも前向きな姿勢を示してきたからである。

Japan’s society has, in general, become more liberal in recent decades, for example by implementing trial by jury. Furthermore, the country recently repealed a longstanding ban on dancing in clubs.
日本社会は、全般的に見ると、過去数十年にわたって、より自由主義な方向に向かってきた。裁判員制度の導入もその一つだし、クラブにおける長年のダンス禁止も無効にされたのもその一つである。

But all this could become largely irrelevant if Abe’s party changes the nation’s constitution in the ways that it wants.
しかし、こういったことは安倍の政党が日本国憲法を彼らの思い通りに変更した場合には、ほとんどが意味のないものになってしまうだろう。

The Liberal Democratic Party of Japan (LDP), which is one of the most misnamed political parties in existence, has governed Japan for most of its postwar history, with only the occasional brief interruption.
日本の自由民主党(現存するうちで最も実体と異なる党名をもつ政党の一つ)は戦後史のほぼ全時期、短期的な中断をはさんで、日本を支配し続けてきた。

A substantial chunk of the party is philosophically, organizationally and often genetically descended from the political class of Japan’s militarist period. この政党の実質的な部分は哲学的にも、組織的にも、またしばしば遺伝学的にも、日本軍国主義時代の政治的支配者の流れを汲んでいる。

As one might expect, it didn't completely internalize the liberal values that the U.S. imposed on the country during the American occupation.
それゆえに、当然ながら、アメリカ占領期に日本におしつけられた自由主義な価値観をこの政党はまったく内面化することがなかった。

That faction, once a minority, now appears to be dominant within the party.
かつては少数派であったこの党派が、現在では自民党内の支配的な勢力となっている。

The LDP is now campaigning to scrap the U.S.-written constitution, and replace it with a draft constitution.
自民党は現在、アメリカが起草した憲法を廃棄し、代わりに自主憲法を制定しようとしている。

In a booklet explaining the draft, the LDP states that "Several of the current constitutional provisions are based on the Western-European theory of natural human rights; such provisions therefore [need] to be changed."
自民党の改憲草案は「現行憲法の条項のいくつかは自然権についての西欧的な理論に基づいており、そのような条項は変更されねばならない」と謳っている。

In accordance with this idea, the draft constitution allows the state to restrict speech or expression that is "interfering [with] public interest and public order.”
この考えに基づいて、自民党改憲草案では、国は「公益及び公の秩序に違背する場合」には、言論の自由、表現の自由を規制することができるとされている。

The draft constitution also repeals the clause that prohibits the state from granting “political authority” to religious groups -- in other words, abandoning the separation of church and state.
また、宗教集団に国家が「政治的権威」を賦与することを禁じた条項も廃絶される。つまり、政教分離原則が放棄されるのである。

Even worse, the draft constitution adds six new “obligations” that it commands the citizenry to follow.
さらに悪いことに、草案は国民が従うべき六つの「義務」をあらたに付け加えた。

Some of these, such as the obligation to “uphold the Constitution” and help family members, are vague and benign. A third, which requires people to “respect the national anthem and flag,” is similar to constitutional amendments advocated by conservatives in the U.S.
「憲法擁護義務」や家族扶養義務のようにあいまいで無害なものもあるが、「国家国旗に敬意を払う義務」を国民に求めるようなアメリカにおける保守派が推進している憲法修正と同趣旨のものもある。

But the other three “obligations” are an obvious move toward illiberalism and autocracy. These state:
他の三つの「義務」はあきらかに反自由主義と独裁制を目指している。

“The people must be conscious of the fact that there are responsibilities and obligations in compensation for freedom and rights.”
「国民は責任と義務は自由と権利の代償であるということを自覚せねばならない」

“The people must comply with the public interest and public order.”
「国民は公益および公の秩序に従わねばならない」

“The people must obey commands from the State or the subordinate offices thereof in a state of emergency.”
「国民は緊急事態においては国家あるいはその下部機構の命令に従わねばならない」

These ideas wouldn't be out of place in China or Russia. The provision for a “state of emergency” echoes the justification for crackdowns used by many Middle Eastern dictators.
これは中国やロシアであれば憲法に書かれていてもおかしくないだろうし、「緊急事態」についての条項は、多くの中東諸国で弾圧のために利用されている正当化の論拠と同じものを感じさせる。

Unfortunately, the deeply illiberal nature of this draft constitution has largely been ignored, especially in the West.
残念ながら、この自民党改憲草案のきわめて反自由主義的な本質は欧米ではほとんど注目されていない。

Most people in the West hear only about one piece of Japanese constitutional change: the revision of Article 9 of the current constitution, which forbids Japan from having a military.
欧米の人々は改憲というのは日本国憲法の一部、軍隊を保有することを禁じた現行憲法九条の改定のことだと思っているからである。

It is true that the LDP draft constitution does repeal Article 9. And it is true that repealing Article 9 is a big reason why Abe wants constitutional change.
自民党改憲草案が九条廃絶をめざすのは事実だし、九条廃絶が安倍の改憲の主要な目的であることも事実である。

But focusing on demilitarization is a dangerous distraction.
けれども、われわれががこの問題を非武装という論点にだけ焦点を合わて見るのは、重要な論点から目をそらせることになる。

Repealing Article 9 is a sensible thing to do.
たしかに、九条廃絶はデリケートな問題である。

Japan already has a military (called a “Self-Defense Force”), and interprets the demilitarization clause so loosely that it’s unlikely that repealing Article 9 would change much.
日本はすでに軍隊を保有している(名前は「自衛隊」だが)。そして、九条の非武装条項はかなりゆるく解釈されているから、ここで九条を廃絶してみても事態はほとんど変わらない。

It is very doubtful that Japan would invade other countries if the constitution were rewritten.
憲法が改定されたからと言って、日本が他国に侵略を始めるということはほとんど考えられない。

Japan might as well call its army an army.
日本はただ、その事実上の軍隊をふつうに軍隊と呼ぶようになるというだけの話である。

But the focus on the military issue has drawn attention -- especially Western attention -- away from the severe blow that the draft constitution would deal to the freedom of the Japanese people.
しかし、九条問題に気を取られていると、われわれは自民党草案が日本国民の自由にどのような打撃を与えることになるのかを見落としてしまう。

Japan’s people, of course, don’t want to live in an illiberal state.
日本国民はもちろん反自由主義的な国で暮らすことを望んではいない。

More than 80 percent of Japanese people opposed a recent “government secrets” law passed by Abe’s government.
And they also oppose the LDPs attempt to ease the procedures for constitutional revision.
日本国民の80%以上は安倍政権が最近採決した「特定秘密保護法」に反対したし、憲法改定手続きを容易にする自民党の企てにも反対した。

Japanese people have grown extremely fond of the freedom they have enjoyed in the past seven decades, even if that freedom was initially imposed by a foreign power.
日本国民は過去70年間きわめて自由な空気の中で生きてきた。それがもともとは外国勢力によって与えられた自由であったにせよ、それを享受してきたことに変わりはない。

The risk is that the Japanese people might be tricked into signing away their own freedoms.
われわれが危険だと思うのは、日本国民が彼ら自身の自由をみずから進んで手放すように欺かれているように見えることである。

Like Western journalists, they may focus too much on the repeal of Article 9, and ignore the replacement of human rights with "obligations." It doesn't help that Japan’s opposition parties are weak, divided and mostly incompetent, while Abe’s government provides the best hope for resuscitating the economy.
欧米のジャーナリストと同じように、日本国民もまた九条の廃絶だけに論点を絞り過ぎたせいで、改憲草案が人権を「義務」に置き換えるためのものだということに気づいていない。日本の野党が弱く、分断され、統治能力がないこと、それに比べて安倍政権は経済再生の最後の希望であるということで許される話ではない。

Now, it’s important not to overreact to all this.
まずもう少し冷静になってみよう。

A constitution is just a piece of paper, and not all countries take their constitutions as seriously as the U.S. does.
憲法は所詮は一片の紙切れに過ぎない。すべての国がアメリカのように自分たちの憲法を杓子定規に守っているわけでもない。

Obviously, if Japan’s leaders want to create an illiberal state, the U.S.-written 1947 constitution isn't going to hold them back; in fact, some revisionist members of the LDP may already silently regard its draft constitution as the “true” law of the land.
日本の指導者たちが非自由主義的な国家を作り出そうとすれば、アメリカが1947年に書いた憲法には彼らを引き止める力はないだろう。事実、自民党内の歴史修正主義者たちは自分たちの改憲草案をこの国の「ほんとうの」法律だと暗黙のうちにみなしている。

Nor is everything in the draft illiberal -- the ban on gender, racial and religious discrimination is preserved, and even extended to the disabled.
改憲草案のすべてが非自由主義的というわけではない。性別、人種、宗教的な理由による差別の禁止は原稿憲法のまま残されるし、健常者障害者の差別禁止にまで拡大されている。

But there is real danger in this new constitution.
しかし、自民党の新しい憲法には真に危険なものが含まれている。

First, it may be part of a wider LDP effort to crack down on civil society, which has become more obstreperous in the wake of poor economic performance and the Fukushima nuclear accident.
第一に、これが自民党による市民社会抑圧の企ての一部だということである。
この動きは経済の低迷と福島原発事故の後、一層物騒なものになってきている。

The government secrets law and other crackdowns on press freedom are a worrying sign -- Japan has already slipped from 10th in Reporters Without Borders’ global press freedom ranking in 2010 to 61st in 2015.
特定秘密保護法とその他の出版の自由に対する弾圧はその危険を知らせる徴候である。国境なきジャーナリストが発表した報道の自由ランキングで、日本は2010年の10位から2015年には61位にまで転落した。

Second, adopting the LDP’s draft could be an international relations disaster.
第二は自民党改憲草案を採択した場合、それが国際社会にもたらすマイナスの影響である。

If Japan opts for the kind of illiberal democracy that is currently the fashion in Turkey and Hungary, it could weaken the country’s regional appeal as an alternative to China’s repressive state.
もし日本がトルコやハンガリーのような非自由主義的な民主政体に向かって舵を切った場合、それはアジア地域において日本がこれまで保持してきた、中国という抑圧的な国家の対抗軸としての特性を打ち消すことになるだろう。

It could also lead to the weakening of the U.S.-Japan alliance -- without the glue of shared values holding the alliance together, the U.S. might be tempted to adopt a more neutral posture between an illiberal China and a mostly illiberal Japan.
その結果、日米同盟も弱体化する。日米両国はこれまで価値観の共有によって一体化してきたわけだが、それが失われるからである。
これから先、アメリカは非自由主義的な中国と、かなり非自由主義的な日本の双方に対して、これまで以上に中立的な立場を採択することになるだろう。

The optimal solution would be for Japan to repeal Article 9 of its constitution while leaving the rest untouched.
日本にとっての最適解はたぶん九条を廃絶して、残りの条項は手つかずに残すことである。

But politically, that seems to be an impossible trick to pull off -- any measure that would allow the LDP to change Article 9 would also open the door for the authoritarian “obligations” and the weakening of human rights.
しかし、このトリックが政治的に何を意味するかはすぐ見破られるだろう。自民党が九条に手を着けた場合、どのようなやり方でそれを成し遂げようと、それは独裁主義的な「義務」と人権の弱体化に向かうドアを開くことに変わりはないからである。

The best realistic solution is for Japan to delay rewriting its flawed constitution at all, and wait for a time when the people in power are not still mentally living in the 1940s.
だから、日本にとって現実的な最良の解は現行憲法にはいろいろ瑕疵があるが、その改定をできるだけ先送りして、いまだに1940年代のマインドをとどめているような人々が政権の座にとどまり続ける日が終わるのを待つことである。

Japan is at a critical juncture in its history.
日本はいま歴史的な転換点に立っている。

It has the potential to become a more liberal society, or a much less liberal one.
日本にはこれまで以上に自由主義的な社会になる可能性もあるし、これまでよりずっと自由主義的でない社会になる可能性もある。

The former choice is both the wise and the moral choice.
より自由主義的な社会をめざすことこそが賢明であり、かつ道徳的な選択である。

| | コメント (0)

2015年2月10日 (火)

オンラインカジノとは

スリランカはコロンボでカジノ遊びを覚えました。
ブログ掲載記事はすべて私自身の体験がもととなっています。
作成した記事は全部で100件ほどです。

http://kiyoshimatforseesa65.seesaa.net/

| | コメント (0)

2014年12月 8日 (月)

本当なのか!安倍晋三

本当なのか!安倍晋三
「経済も外交・安全保障も この道しかない」

そんなことはありません。
こんな独善的な独りよがりの思い込み政策では、不幸になる人たちの数のほうが多いのです。
喜んでいるのは円安で利益を受ける大企業と株式投資家たちだけでしょう。
円安で倒産する中小企業が増えてきています。
安倍首相は、言ってることとやってることが違うではありませんか。
行き過ぎた日銀異次元金融緩和は世界経済にも悪影響を与えます。
1997年にタイ発のアジア通貨危機というのを経験しました。
いまの円安5年平均乖離はあのときと同じ20%を越しています。危険だと感じます。
そのうち苦し紛れの通貨戦争が始まる構図となっています。
原因を作ったのは財務省、自民党幹部たちです。(アメリカの景気を下支えするため)
安倍首相を傀儡(かいらい)として、むりくり日銀人事を白から黒に入れ替え、取り返しの出来ない路線に突き進みました。
いま株式投資をやれば、そこそこの利益は簡単に出せますが、円安で価値が大幅に下がっています。ためにはなりません。
海外旅行が三度の飯より好きなあなたなら、その意味を理解していただけると思います。

経済回復、この道は、長く険しい。
どんどん円安、インフレにして国の借金を帳消しにするリフレ政策はあまりにもあざとい。
明治時代の政策がいつも成功するとは限らない。
借金は必ず返済しなければなりませんが、きちんと働いて返済すべきものなんです。
そもそもお金(紙幣)は労働の対価として価値あるものでなければなりません。
リフレ政策では、お金(紙幣)の価値を著しく貶めます。
さらに、この1000兆円を超す借金、おおむね自民党政権がこさえたものです。
自民党には、汚い手段のリフレ政策ではなくって、額に汗して借金を返済してもらいたいものです。
増税で借金返済を国民に肩代わりさせる。
こちらも汚い手段だと思います。

この道を行けばどうなるものか?

「おばあちゃんは夕餉の片付けを終えたとき
弟は2階のゆりかごの中で
ぼくと親父は街頭テレビのカラテ・チョップが
白熱した頃に妹の誕生を知った」

さだまさしさんの「親父の一番長い日」という歌の一節です。
さだまさしさんは私より3年遅れてこの世に生を得ました。
いうなれば同世代といって差し支えないでしょう。
彼の歌のモチーフ(主題)は人間の生死なので私の胸に迫る歌が多いのです。

私も彼と同じように街頭テレビでプロレス中継を見ていました。
伝家の宝刀カラテ・チョップで大きな外人たちをバッタバッタとなぎ倒す様は、まさに快感そのものでした。
不幸にも東京のキャバレーで腹部を刺された力道山は、あっけなく天国へと旅立ってしまいました。

その直後のプロレス界を支えたのがジャイアント馬場さんで、全日本プロレスを設立いたしました。
ジャイアントならではの16紋キックの威力にしびれたファンも多いのですが、温和な馬場さんに惹かれるファンも多かったのです。私もその一人です。

その後、プロレスは、アントニオ猪木さんが設立した新日本プロレスをもってその全盛期を迎えます。
異種格闘技等の過激な演出でプロレスファンを魅了いたしました。

やがて、アントニオ猪木さんにも引退が。
アントニオ猪木さんの引退声明は短いものでしたが、ファンの心を強く打ちました。
内容は以下のようなものであったと記憶しています。

人は歩みを止めたとき、挑戦をあきらめたときに、老いてしまったということができるのでしょう。
この道を行けばどうなるものか?
危ぶむ無かれ。
危ぶめばそこに道は無し。
踏み出せば、その一足が道となり、
その一足が道となる。
迷わず行けよ、行けば分かるさ。
ありがとう。

安倍晋三のこの道は間違った道ですが、アントニオ猪木さんのこの道は本物です。
日本はすでに間違った道に分け入っています。
そろそろ出口をさがさないと。(金融緩和出口政策)

| | コメント (0)

2014年9月30日 (火)

「円安なら株価が上がる」は本当か まじめに「円安と株価の関係」を考えてみた

(東洋経済オンライン記事を引用)

 今日は、まじめに考えてみよう。

 いつもまじめなのだが、ここでいう「まじめ」とは、行動ファイナンス的にではなく、いわゆる「ファンダメンタルズ」的に考えてみるということだ。

 さて、そうなると、円安で日本株が上昇する、というのは説明がつきにくくなる。行動ファイナンス的に言えば、円安は日本経済にプラス、だから日本株上昇、という連想ゲームをみんながするから、円安となれば迷わず日本株買い、ということですべてが済んでしまう。

なぜ「円安株高」という連想ゲームが働くのか

 しかし、「まじめに」考えると、なぜ、円安株高という連想ゲームが働くのかが問題だ。行動ファイナンスで考えれば、連想の理由はどうでもよく、皆がそう連想する、という連想が重要なのだ。

 いったん、この連想の連鎖が皆に広がれば、自動的に連想の連鎖は広がり、続く。これがバブルであり、連想の根拠があろうがなかろうが、それがファンダメンタルズであろうがなかろうが、同じことで、すべてバブルなのだ。

 ただ、いわゆる「ファンダメンタルズ」で考えてみることも重要である。なぜなら、前回の9月9日のコラム「私に『金融』を考えさせた『3つの事件』」で触れたように、金融の時代は終わり、実体経済の時代がやってきているからだ。

 そうなると、連想ゲームは、金融だけの事情では起こりにくくなってくる。実体経済、いわゆる「ファンダメンタルズ」によって、金融市場は動かされる側になってくるからだ。連想ゲームが起こるとしても、「ファンダメンタルズ」が基礎、あるいはきっかけになるはずだからだ。

 さて、円安が日本経済にプラスというのは本当だろうか。経済学で言えば、これは100%誤りである。為替レートは経済学では交易条件であり、円が強い、自国通貨が強くなれば、必ず、自国の経済厚生は高まる。

 つまり、国民は幸せになるのである。なぜなら、円が強くなるということは、同じ100円でより多くのモノが手に入るということであり、食べ物も資源も衣類もすべて安く手に入るわけであるから、必ず幸せになるのである。

なぜ「円高悪玉論」は、半ば常識となったのか

 しかし、円高のせいで日本経済がおかしくなっていた、という議論は、半ば常識として取り扱われてきた。これは、なぜだろうか。

 もっとも一般的な解釈は、為替には均衡為替レートが存在し、市場の調整機能が十分発揮されれば、到達することになる為替レートがあるが、そこから一時的に外れると、さまざまなひずみをもたらすということである。そして、これまでは、均衡レートを上回る円高だったということだ。

 つまり、たとえば、均衡為替レートが1ドル90円であったときに、78円になってしまうと、輸出企業は苦しむ。彼らが均衡為替レートを正しく認識していたとすると、78円というのは異常事態であり、いつかは均衡に戻るはずである。

 均衡に戻れば、1ドル90円になれば、現在の生産工場の立地はこれでいい。日本中心でいい。だから、90円に戻るまでは、歯を食いしばってがんばり続ける。こういう意思決定をしたとすると、一時的な円高は苦痛である。

 そして、一時的と思った円高が数年も継続すると、苦痛では済まなくなり、企業の危機である。需要はその数年間に他の国の生産者に取られ、まったく市場からおいていかれ、衰退してしまう。取り返しのつかない円高ということになる。一時的な円高を修正しようとしなかった日銀が悪い、という非難というか愚痴も出てくる。

 しかし、これは単なる愚痴だ。行動ファイナンスの世界になれているわれわれには、とても愚かな言いわけに聞こえる。ノイズトレーダーリスクがあり、株価が均衡価格あるいはファンダメンタルズに戻ってくる保証はないから、均衡に戻るというナイーブな信念で、投資戦略を立てる愚か者はいない。実体経済においても、証券投資と同じく、ポートフォリオを組むべきなのだ。

 すなわち、世界に生産ネットワークを構築し、一時的に円高で日本での生産がコスト上不利になった場合には、その期間は、米国工場の生産を100から150に増やし、欧州工場の生産を50から80に増やし、日本工場の生産を200から120に抑える、というような対応を取るべきなのだ。

 そういうことができるのは大企業だけだ、と言われそうだが、グローバル経済で生きていく以上、一点集中で勝負するのは、全財産を個別株1銘柄だけに集中させるのと同じくらい危険なことなのだ。

 そして、個別銘柄のリスクよりも為替の動向は読みやすい。なぜなら、為替には明らかなモーメンタムがあり、いったん円高方向にすすむトレンドができれば、ある程度は継続することはわかっているからだ。

 もう一つは均衡レートの読み誤り、ということがある。そもそも、金融市場ではファンダメンタルズによる均衡レートを期待することそのものが間違ってはいるのだが、そうだとしても、均衡レートが120円にあると考え続けたのは間違っている。実体経済からの均衡レートは、85円から95円というのが妥当な推測だ。現在110円へ向かおうとしているのは、異常な金融緩和によるものであり、いまこそ実体経済から見た均衡レートからは外れる動きをしている。

「円安歓迎の上場企業」のファンダメンタルズは改善

 さて、本題は、なぜ円安になると日本経済にプラスになるのか、ということであった。モノを手に入れるためのおカネの価値が下がるのであるから、日本国民は不幸になるということであった。そして、為替レートの一時的な変動は、実体経済における企業などの行動にひずみをもたらすということがわかった。

 しかし、均衡レートを超えて円安になることで、経済が良くなることは絶対あり得ない。均衡から外れること自体が不幸であるし、しかも、それが自国のおカネの価値を下げ、土地のドルベースの価格を下げ、企業の時価総額を下げ、日経平均のドル建ての価格を下げることになるから、何もいいことがあるはずがなかった。

 円安により、世界経済における日本の存在感も価値も大きく低下したのである。中国にGDPで抜かれて悔しがるのであれば、円高になれば、すぐに抜き返すことができるにも関わらず、悔しがった人々は、円高がそれに拍車をかけたと勘違いしていたのである。

 そうなると、円安株高の理由は「ファンダメンタルズ」上はまったくなくなる、ということになる。では、なぜ、円安株高の連想ゲームはまだ続いているのであろうか。

 それは、「ファンダメンタルズ」を日本経済の「ファンダメンタルズ」で考えたからだ。日本経済ではなく、日経平均株価の構成銘柄、あるいは東証1部上場企業の「ファンダメンタルズ」で考えなければならなかったのだ。企業の「ファンダメンタルズ」とは企業価値であり、企業の収益とリスクからなる。この企業収益が、円安により増えるかどうか、ということなのだ。

 いまやコンセンサスとなったように、円安では輸出は伸びない。前述のポートフォリオをきちんと構築している、これらの上場大企業たちは、世界中に生産基地ポートフォリオを確立している(しつつあった。そのためには円高は割安で海外の土地や工場や企業や人々を安く雇えたのだ。もはや円安では、田中将大を買い戻すことはできない)。

 だから、円高対応で、価格競争にさらされるコモディティと呼ばれる、多くの生産者が作ることができる製品は、海外へ、それも日本とは賃金が10分の1以下などの国に移したのである。なぜかテレビの生産者の一部は、これをしなかったために、大きな損出を出した。これは単なる誤りであった。

 さて、したがって、円安になっても、これらの生産は日本には戻さない。当初は円高対応がきっかけだったが、実際に海外に拠点を置いて見ると、賃金の違いは為替の20%などでは埋められない差であり、しかも、販売先の市場に近い立地で生産することのメリットが大きいことに誰もが気づいたからである。

 人を雇うのであっても、現地の人々を使った方が、現地にふさわしいものづくりができることは、よく考えてみれば明らかだった。

 この結果、価格競争だけのコモディティだけでなく、付加価値の高いモノであっても、現地で作るという流れが定着した。したがって、今後も、円安ぐらいでは日本に生産を戻すということは起きにくいだろう。

円安で株価が上がる2つのメカニズム

 しかし、それでも、円安で企業収益は改善し、株価は上がる。それは、2つのメカニズムである。第1に、もともと日本から輸出していたモノの利益率が高まることである。400万円のコストをかけて作った自動車を米国市場で5万ドルで売っていた場合、1ドル80円なら利益ゼロだが、1ドル100円なら利益は1万ドルだ。だから利益率は上がる。

 しかし、価格引き下げで販売数量を伸ばし、輸出を増やし、生産を増やす、という行動には出ない。米国市場においては、5万ドルが最適な企業戦略価格だからだ。だから、輸出は伸びず雇用は増えないが、利益は増える。賃金は、この企業は上がる可能性はある。

 もう一つのメカニズムは、より単純で、たとえば、この自動車会社の米国現地子会社の利益が年間10億ドルだったとすると、円換算が80円なら800億円、100円なら1000億円になるなら、2割増益になるからだ。この二つのメカニズムで、企業収益は大きく改善したのである。

 先日、ある外資系証券会社の分析を見た。円安の企業収益に与える影響というものだった。輸出企業に限らず、企業全体である。輸入企業、内需企業は輸入コスト高で苦しくなるのは当たり前である。しかし、輸出と輸入、内需、すべての企業への影響をトータルすると、前述の増益の第一のメカニズムを考慮してもマイナスであることが判明したそうだ。つまり、モノの実際の輸出入では明らかに損失なのである。

 これは前述の経済学が述べたとおりで、交易条件の悪化が、いわゆる経済厚生の水準を低下させるというモノで、企業部門に限ってもマイナスだったのだ(消費者は100%マイナスであるから、日本経済全体ではそれ以上のマイナスだが、ここでは関係ない)。

 しかし、前述の「第二のメカニズム」=子会社効果は大きなプラスで、これを加えると、トータルでプラスになるという分析だった。だから、円安で株高になるのは正しい、という議論であった。

円安による株高は長続きしない

 これは何を意味するか。実態ベース、実質ベースでは、日本企業、上場企業に限っても大きなマイナスであることを示している。なぜなら、子会社の利益は円換算にした場合にプラスとなるだけで、ドルベースで考えると不変だからだ。

 そして、実体経済ベースではマイナスなのだから、これは実質ベースで考えれば、上場企業にとってすら大きなマイナスなのだ。なぜなら、もはや海外企業を買収しようにもより多くの円が必要になり、海外企業にとっては、より少ないドルや元で日本企業や人材や土地を買うことができるからだ。

 こうなると、やはりファンダメンタルズで考えると、円安株高というのはごく短期の会計上の利益改善に着目した動きということになる。ファンダメンタルズ的に言えば、持続はしないということになる。

 実際、円安がすすんでも株高にならない場合が、最近は散見されるようになってきた。そのときの市場のムード次第、仕掛ける側の都合次第で、円安は株高につながったり、つながらなかったりするようになっている。

 意外と市場もファンダメンタルズに近づいていると言えるかもしれない。

| | コメント (0)

2014年4月14日 (月)

さようならwindows xp

windows 7 に昔のロータス123をインストールしてみました。
ついでにoffice2000(日本語版)もインストールしてその挙動を探りました。

ロータス123は2003年だか、すでに廃業となっていました。
ロータス愛好派はさびしい思いをしているのではないでしょうか。
私もその一人なんです。

長年使い慣れたwindows xpのセキュリティーサービスが停止したので、今回windows 7に乗り換えました。
インストールはインストール屋にまかせず、全部HPの分割フォーマットから自分でやりました。
何度か失敗して、その技術が習得出来たので、今後クラッシュしても問題なく自分で解決出来ます。
日本と違ってプレインストール版はありませんし、ソフトウェアは英語版を使うしかないのです。
案外簡単でした。

ロータス123はwindows 7上で問題なく動作します。
ms-dos時代なんですが、ファイル上にマクロを組み込んでいます。
ctrl+Cでマクロ計算プログラムの起動を設定していたので、windows 7上で干渉(コピー機能)があり大変でしたが、すぐに修正出来ました。
計算プログラムをctrl+Kに変更しただけですが^^。

office2000(日本語版)もほとんど問題なく動作します。
エクセルはまったく問題ありません。
ワードで重大なる欠陥を発見!
タイ語入力時なんですが、タイ母音文字が正しい位置に表示されないのですね。
フォントを取り替えてためしたら、arial unicodeという大きなサイズのフォントでは問題なくタイ語の書き込みだって出来ました(汗)。
office2007ではタイ語も問題なく打ち込むことが出来ます。
office2007は英語版を使っていますが、慣れるまで大変です。(視覚的に^^)
今はエクセルだけ使っていますが、エクセルのマクロ作成はロータスのマクロ作成に比べると、大変難しいです。
それから昨日は関数の勉強をしました。奥が深いですね。

| | コメント (0)

2014年2月13日 (木)

タクシン、アピシット、インラック wikipedia で比較してみました

Thaksin Shinawatra
2001年~2006年
http://en.wikipedia.org/wiki/Thaksin_Shinawatra

Abhisit Vejjajiva
2008年~2011年
http://en.wikipedia.org/wiki/Abhisit_Vejjajiva

Yingluck Shinawatra
2011年~2013年
http://en.wikipedia.org/wiki/Yingluck_Shinawatra

断然タクシンですね。
まるでリフォームの申し子みたいに、精力的に様々な政治改革をやりました。
それが反対勢力の怒りを買ったのでしょう。
凄まじい実行力なんです。
スワナプームの入札では、直前に日本よりの援助を断り、その後格安で入札するといった、したたかなビジネスマンぶりを発揮しています。
日本大使が驚いておっとり刀でタクシンに合いに来たということです。
医療補助一回あたり30バーツは貧困層から絶大なる賛辞を受けました。
なんと私のような外国人でもOKだったんです。助かりました^^。
そのぶん、病院やドクターは現金収入のタイミングが遅れたわけで、これらの組織から猛反発を受けました。
全国に数え切れないくらいの低所得者住宅を開発したのもタクシンです。
販売価格が一戸あたり40万バーツほど。(住宅のグレードは低いです)
私の団地の横もタクシンの開発した低所得者向け住宅地が広がっています。
500戸くらいの大規模な住宅建設なんですが、販売されたのはアピシット政権となってからでした。
それでもタクシンの貧困層に対する思いは維持されたのですね。
これもバンコク富裕層がタクシンを嫌う理由のひとつです。
犬(貧困層)に住宅は必要ないといったところでしょうか。

アピシット政権では失業率を増大させたくらいの成果しか見ありません。
2年くらいの在任期間中に、財産を200万バーツ増やしてます^^。
2011年には大洪水にみまわれました。

インラックにもさしたる政治改革はありませんね。
内閣改造をやったくらいでしょうか。
それと、世界の外交で華やかに活躍したくらいでしょう。
ライススキームの不透明な仕組みと、農民への不払いが命取りなのです。

| | コメント (0)

2013年11月21日 (木)

タクシン氏の亡霊にさいなまれるタイ民主党

พรรคประชาธิปัตย์ต่อสู้กับผีของทักษิณชินวัตร
Thai Democratic Party struggled with the ghost of Thaksin Shinawatra
タクシン氏の亡霊にさいなまれるタイ民主党

英字紙を読みまくり、調べたら、アピシット元首相を中心とする民主党議員たちが、裁判所にこの問題を提訴していました。
タイには憲法裁判所という、特別な裁判所があるみたいですが、民主党がこの問題を提訴したのは10月1日のことです。
事の発端は、タイ貢党主体の議会が、タイ上院(参議院みたい)の議員選出方法を、公正なる国民の選挙投票による方法に変えようとした点です。
日本はもちろんこちらの方法なので、日本だったらまったく違憲ではありません。
昨日の夕方ですが、憲法裁判所から違憲裁定(憲法違反)が下されました。
違憲ならばすぐに議会が解散されるかというと、そこは三権分立なのでしょう。
おとがめなしというか、特に言及はありませんでした。
日本でも1票当たりの地域格差が違憲判決を受けていますが、それで選挙が無効となるかと言えば、答えはノーです。
三権分立の精神で、監視はするけれども、改善自体は議会に一任されているようですね。

タイでは下院の議員は25歳以上で立候補できますが、上院では40歳以上でないと立候補出来ません。
上院議員の資質的な要件として、知識階級のようなものに属する必要があるようです。
英語版ではそれが明確に記載されています。
上院議員選挙では地域でのコネとか資金力が一番大切で、バンコク富裕層、ビジネスマン、知識層などのエリート層に属しているのが要件なんです。
これではタイ北部や東北部の農民の間から上院議員が生まれるはずがありません。
タイの憲法では、今の不自然なる方式が望ましいということなのでしょう。
で、上院は全員民主党支持のねじれ国会となっているんです。
ねじれ国会解消のために、インラック首相は上院議員選挙法改定に踏み切ったのだと考えますが、バンコクエリート層からは権力独占のための手法だと、叩かれました。
叩いたのは、アピシット元首相やステープ元副首相などの民主党議員たちなんです。
選挙が公正ならば、またタイ貢献党が勝利するのは間違いないところです。

最近になって、英文読解の速度がかなりあがって来たので、面白くなり、英文読解三昧の日々です。
タイの英字紙として有名なのはバンコクポストとネイションの二大紙です。
どちらもバンコクエリート層に属すると断定します。
記事を読んでいて気分が悪くなるのは、政府広報誌みたいな読売新聞の比ではありません。
これではタイの農民たちは浮かばれないでしょうね。
それで、いきおい数の力に頼ってしまうのでしょうが、デモは暴動に繋がりやすいので注意が肝要なんです。
以下、タイの英字新聞を二週間読み続けた印象です。
ざっくりとした話しとして聞いて下さい。

タイの軍隊と警察はバンコクエリート層寄りです。
タイの裁判所はバンコクエリート層寄りです。
バンコクの一流大学や学者たちはバンコクエリート層支持派です。
タイの商工会などは全部バンコクエリート層支持派です。

バンコクエリート層はプライドが異常に高くて、選挙で選ばれている現体制を認めたくないのだと思います。
ステープ氏などは、タクシン氏支配の社会構造が、これ以上続くくらいならば死んだ方がましだと、公言してはばかりません。
亡霊にさいなまれるとはこのことではないでしょうか。
裁判で膨大な財産を没収されてしまったタクシン氏が現在も生き残れているのは、彼の類い希なるビジネスセンスによるものなのです。
それがステープ氏始め、民主党が一番恐れているところなんです。
学生たちの中には、何でも反対を呪文のように唱えるやからだっているのは、日本と何ら変わりません。

以下資料です、

バンコク週報の記事を引用、
cite from bangkok shuho,

タクシン派議員、憲法裁判断拒否の姿勢を表明
20/11/2013

憲法裁判所が政府の推す上院議員関連改憲案の合憲性に関する判断・決定を下すのを翌日に控えた11月19日、政権党・タイ貢献党の実動部隊「反独裁民主戦線(UDD)」が都内ホアマークのラチャマンカラ・スタジアムで開催中の政府支持集会において、上下院議員約30人がタクシン支持者約6万人を前に、「国会議員には憲法を改正する権限がある。改憲案を支持した上下院議員312人は憲法裁判所の判断を拒否する」と表明した。

上院議員関連改憲案は議会通過に伴い、インラック首相が10月1日に国王陛下のご承認を得る手続きをとったものの、同案を違憲とする訴えが憲法裁に起こされたことから、王室サイドは同案の扱いを決めるべく憲法裁の判断を待っている状態。

なお、学識者からは、「憲法裁判断を拒絶するとの表明は憲法違反。上下院議員312人は罷免に値する」との意見も出ている。

| | コメント (0)

2013年11月15日 (金)

インラック首相の悲痛な訴えに感動しました

cite from The Nation, Thailand

PM calls on Thais to allow govt to carry out its work
インラック首相、デモをやめて仕事に戻るように求める

Anapat Deechuay
The Nation
November 12, 2013 3:25 pm

"If a lot of people strike then who will work? Please think about this," : Yingluck
たくさんの人たちがストライキをしたら、一体誰が働くのでしょうか?(インラック首相)

Yingluck asked protesters to bring a halt to the rallies and thus maintain foreigners' confidence in Thailand.
インラック首相はプロテスターにデモをやめるように求めた。それで外国人のタイに対する信頼だって保てるのです。

Prime Minister Yingluck Shinawatra on Tuesday asked that the government be given a chance to continue its work, saying there are many issues that require its attention.
インラック首相は12日火曜日、政府に仕事を続けるように求めた。解決すべき問題が山積しているのです。

The government has to continue its work, she said. Among the tasks that cannot be carried out without the government in place is the functioning of the joint committee on ThaiCambodian border, she said.
政府は仕事を続けなさい。インラック首相は求めた。
タイ-カンボジア国境問題などは、政府が仕事をしないと、行き詰まります。

"Please give us time to prove ourselves. We have listened to (people's) opinions so we want the people to return home and stop protesting. We don't want to hear that foreigners change their schedules and don't come to Thailand," she said.
私たちにもう少し時間を下さい。人々の意見は必ず聞き届けるので、デモをやめて家に帰ってください。
外国人がタイに嫌気がさして、タイに来なくなったら大変なんです。

"We believe everybody must campaign for all the people to pay taxes according to the law. This is the government's duty. I'd like to ask the people not to strike as they can still express their (political) opinions after work. If the people don't pay tax, the country will eventually hurt and that will affect the economy and problems will return to hurt us," she said.
税金を支払う義務は国民のすべてが負います。国家の義務なんです。どうぞストライキはやめてください。一日の仕事を終えてから政治的な意見を述べることも出来るでしょう。国民が税金を支払わなければ、国は破滅します。最終的には経済的に打撃を受けて、国民がその苦しみを味わうことになります。

She said "asking" is the first step the government will take. She added that the people should support tax payment.
インラック首相は国民にこのようにお願いするのを最初の問題解決へのステップとしたいと言った。
国民は税を納める義務があるとも言った。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧